餅は太るは本当?お餅のカロリーと食べ方「お餅ダイエット」

SnapCrab_NoName_2016-6-3_10-53-47_No-00

 

お餅は太るかどうかを検証する

『餅を食べると太る』という話は、よく聞きますよね。しかし、それは本当の話なのでしょうか。

今回は、餅を食べるとなぜ太るのか、そして太りにくい餅の食べ方はないのかを考えていきましょう。

 

炊飯後にもち米は白米の1.5倍のカロリーがある

SnapCrab_NoName_2016-6-3_10-55-42_No-00

ところで、白米(うるち米)と比べて太りやすいと言われているもち米ですが、どうしてなのでしょうか。

実は、うるち米ももち米も、ほとんど同じカロリーです。しかし、違うのは『炊飯後の水の吸収率』。

もち米はうるち米に比べて水分吸収率が低いため、炊飯後のカロリー量は以下のように違いが出ます。

<炊飯後のカロリー(100g中)>

  • うるち米 168kcal
  • もち米  235kcal

もち米がうるち米の1.4倍増にもなっていますね。

生米の時にはほぼ同じだったカロリー量は、炊飯時の水分吸収率の違いによって、同じ重さでも以上のように差が出てしまうということです。つまり、『餅を食べると太る』というのは、『うるち米のご飯と同じように食べるとその1.4倍分のカロリーを摂取してしまう』ことに関連しているということがわかりましたね。

 

切り餅2個で白米1杯のカロリーを上回る

うるち米ご飯と餅のカロリー量をもう少しわかりやすく数字に表すと、

  • 白米 女性用茶碗1杯(約110g) 185kcal
  • 切り餅 1個(50g) 117kcal

となります。切り餅2個を食べたら、あっという間に白米ご飯1杯分のカロリーを超えてしまうということです。

正直言って、2個なんてぺろっと食べてしまいますよね。どうにかして、太りにくくなる食べ方はないのでしょうか?

 

カロリーより栄養バランスを考えよう

SnapCrab_NoName_2016-6-3_10-56-48_No-00

上記に餅1個のカロリー数を表示しました。中には『ご飯と比べると確かに高いけど、1食分で考えたらもう少し食べられるんじゃない?』と考えた人もいらっしゃるかもしれません。

一般的な女性における1日の摂取カロリー量は1500~2000kcalほどですね。これを3食(+おやつ等)で満たすならば、単純計算で大体1食のうち400~600kcal摂取すれば良いということになります。

しかしこれは、あくまで『カロリー量』だけを見た話です。食事は炭水化物、タンパク質、脂質の3大栄養素を中心にバランス良く摂取する必要があります。

つまり、『餅は炭水化物』として考え、『その他の栄養素も一緒に摂取すること』が必須条件なのです。

 

太りにくいお餅の食べ方

SnapCrab_NoName_2016-6-3_10-57-50_No-00

では、さっそく太りにくいお餅の食べ方について。

切り餅1個のカロリーは先ほど述べたように、約120kcalです。丸餅は少し低くなり、1個約80kcal。

お餅をご飯の代わりに食べ、他におかずも一緒にいただくというならば、1食につき切り餅は2つ、丸餅は3つまでと決めましょう。

また、お餅をあんこや砂糖を多く含む具材と一緒に食べることがありますが、これだけをたくさん食べると、もちろんカロリーオーバーの原因になってしまいますね。それを回避するには、野菜やたんぱく質を積極的に摂ることをおすすめします。

例えば、たっぷりの野菜と一緒にいただくお雑煮。効率的に食物繊維が摂取でき、ビタミン・ミネラル補給にも効果的です。

また、大根おろしや納豆をからめて食べるのもおすすめです。大根おろしには胃もたれを防ぐ効果もありますし、納豆には良質なたんぱく質やビタミンB群が豊富なのも魅力的。

そして、お餅に海苔巻く磯部巻も良いでしょう。海苔にはミネラル分が豊富に含まれています。

どの食べ方でも美味しくいただけるので、是非参考にしてみてくださいね。

 

お餅の腹持ちの良さを使った「おもちダイエット」

SnapCrab_NoName_2016-6-3_10-58-30_No-00

太らないお餅の食べ方について記述してきましたが、実は最近、『おもちダイエット』なるダイエット法が話題になっています。『餅は太りやすい』はずなのに、どうしてでしょうか。

それは、餅の『腹持ちの良さ』を活かしたダイエット方法になっているからです。餅をそのまま通常通り食べてもダイエット効果は期待できませんが、これを『削って』様々な料理に加えることで、腹持ちの良さをアップさせるという使い方をします。

例えば、お粥に切り餅をすりおろし器でおろし、適量加えたり、みそ汁や鍋などに加えても効果的。味わいもまろやかになって美味しさもアップ!

ダイエットとは空腹との戦いにもなるので、このように腹持ちの良い餅をうまく活用することが効率的と言えるのです。

 

太りにくいお餅の食べ方を実践してお餅を美味しく食べよう

太りにくいお餅の食べ方について、いかがでしたか?

『餅は太る』と言われるけれど、食べ方さえ気を付ければ太りにくく、更にはダイエットにも活用できるほど優秀な食材だということがわかりましたね。

・1食につき切り餅は2個、丸餅は3個まで
→切り餅1個約120kcal、丸餅1個約80kcal
・一緒に食べる具材は【たんぱく質】【野菜類】を積極的に
→お雑煮や納豆もち、磯部巻がおすすめ!
・砂糖をたくさん含んだ具材は避ける
→甘いあんこ餅などの食べ過ぎに要注意!

これらに気を付ければ、お餅を食べても太りにくくなるでしょう。せっかくいただくなら、『太る』なんてことは考えずに美味しくいただきたいものですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ