妊娠中にダイエットして大丈夫!?赤ちゃんに影響が出ない痩せ方

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-48-55_No-00

女性にとってダイエットを考えたいという気持ちは何歳になっても持っているものです。どんな時でも、綺麗でそしてスタイルが良い状態をキープしたいですよね。

その気持ちがより強くなるのが妊娠中ではないでしょうか?この時期のダイエットは色々と注意しなければいけないことが多いので、気を使いますよね。特徴的なこの時期だからこその効果的な方法について紹介していきます。

 

赤ちゃんを無事に出産するためのダイエットとは?

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-48-28_No-00

通常のダイエットは、どちらかというと自分の見た目などを重視しているところがあります。これはある意味仕方が無いところでもありますが、妊娠中のダイエットは目的が全く違います。

というのも、お腹の赤ちゃんを育て無事にリスクなく出産できるように体を作っていくために行うからです。

この時期というのは、どうしても食欲が増えてしまいます。赤ちゃんに栄養を与えているので、仕方がありませんが逆に太りすぎると様々なトラブルが起こることが分かっています。

そのため、摂取カロリーは通常必要なエネルギーに、初期状態でプラス50kcal、中期でプラス250kcal、末期で500kcal程度をプラスすることが必要となります。

その他にも鉄やカルシウム、ビタミンなどをプラスしていかなければならない栄養素なども存在しています。無事に出産するためということを考える中で、食べすぎという概念は取り払ったほうが良いかもしれません。

 

妊娠中はヘルシーで満腹感が出るものを選ぶ

SnapCrab_NoName_2014-11-10_21-48-11_No-00

妊娠中のダイエットでは通常時とは違い激しい運動は当然ながら出来ません。ストレッチなど負担にならない程度の軽い運動は推奨されていますが、それでダイエット効果が出るとは考えにくいものです。

そのため食事でいかにヘルシーに摂取カロリーを気にしていくかが大切になる訳です。一番重要に捉えなければいけないことは、「バランスよく食べる」ということです。赤ちゃんがお腹の中にいるときは、様々な栄養素を摂取することが求められるので、野菜から肉にかけて摂るように心がけましょう。

野菜を茹でることでかさが減るので、たっぷり食べることができます。肉や魚料理などは蒸すことで油を使用しなくて良いので、ヘルシーに仕上がります。

妊娠中のダイエットでは、カロリーだけではなく栄養素という面もしっかりと意識してあげましょう。

妊娠中は他の減量とは違い、運動面や食事において色々と気を使わなければいけません。普段の生活で何気なくしていることが、妊娠中は禁止になるなんてこともあります。

ダイエットをするにあたっても気をつけることが多いので、情報をしっかりと収集して元気な赤ちゃんを産む準備を始めましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ