ウォーキングだけでダイエットに成功する正しいやり方

SnapCrab_NoName_2014-11-11_14-50-59_No-00

「ウォーキングダイエットをしていても一向に痩せる気配がない」として、2週間ぐらいで諦めてしまう人も多いでしょう。道具無しで気軽に始めることができるので興味を持っている人も多いです。

しかし成功できないと諦める人が多く、口コミでも上記のような書き込みが多いというのも現状です。

では、どうすればウォーキングで痩せることができるのでしょうか?そこには簡単なルールとコツが隠されていたので紹介したいと思います。

 

ウォーキングダイエットは長く続けることが大切

SnapCrab_NoName_2014-11-11_14-48-30_No-00

結論から言えば、ウォーキングダイエットは短期間で劇的に痩せるという魔法の運動ではありません。確かに有酸素運動ですから、体重を落とすという意味では向いているものです。

しかし、この運動の唯一の弱点は「停滞期が最初に来る」ことがあります。

停滞期とは体重が落ちにくくなる期間のことで、スポーツで言えばスランプに似ているかもしれません。

これは体の筋肉が発達過程にあるなど様々な原因があるのですが、このステージに差し掛かると多くの人は「これが限界か・・・」と諦めて運動を続けなくなります。

 

停滞期を乗り切れば、ダイエットで成功できる

SnapCrab_NoName_2014-11-11_14-49-38_No-00

この停滞期を乗り越えることができると、さらに痩せやすく太りにくい体質に変化するので、できるだけ続けることをオススメします。

頑張ってヘトヘトになるまで歩いているのに、筋肉痛になるだけで痩せたという実感が沸かない。

この原因は、まさに停滞期が最初にくるからであり、ここを乗り越えることが最初の関門だといえるでしょう。長く続けることが一番大切になるのです。

 

無理をせず自分のペースが成功の秘訣

SnapCrab_NoName_2014-11-11_14-50-7_No-00

ダイエットする!と決心すると心はその気になっているため、すぐに無理をしてしまいます。

最初は問題ありませんが、それを2日、3日、1週間と続けると体への負担が大きくなり、運動を続けることができなくなるのです。

いきなり体重が落ちることはありませんので、気軽に自分のペースで歩くことをオススメします。

1週間で○kg痩せる!という目標はかなり無理があるので、3ヶ月や半年というちょっと長い目で取り組むのが結果的に成功する方法になります。

ウォーキングも1日に2時間も3時間も歩く必要はありません。1日1時間で5000歩を最初は目標に設定しましょう。

それができたら1万歩という数字を目標にして歩くという習慣を身につけると、自然とその距離を歩いてもキツいと感じなくなり、自分のペースで歩くことができるのです。

ウォーキングをして体重を落とすことに成功している人は、短期的な目標は設定しておらず、長期的にゆっくりと落とすことを考えている人が多いのです。

成功の法則をしっかりと身につけてから、こうした運動に取り組むことで大きな成功を掴むことができるでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ