頭がかゆい…頭皮にニキビができた時の正しい対処法

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-17-50_No-00

いつの間にかできていることが多い頭皮のニキビ。毛髪で隠れているため、できていても気が付きにくい場所ですよね。

実は、頭皮は顔よりもニキビができやすい環境にさらされています。

 

意外!顔よりも頭皮の皮脂分泌の方が多かった!

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-19-24_No-00

なぜ頭皮にニキビができやすいのか。それは、毛髪が生えている毛穴にあります。

毛穴からは常に皮脂が分泌されています。肌を乾燥から守り、雑菌やウイルスなどの外敵から防ぐためです。

頭皮は毛穴が密集しているので、顔よりも皮脂分泌は盛んである傾向にあります。

それが何らかの理由で皮脂分泌過多になり、毛穴を詰まらせてしまうことがあります。そこに常在菌であるアクネ菌が増殖してしまうと、ニキビが発生するのです。

 

つけた整髪料はその日のうちに!頭皮ニキビの予防法

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-20-19_No-00

髪のセットをしやすいから朝シャン派、という人は少なくないでしょう。しかしその習慣が頭皮ニキビを発生しやすくさせるというのを知っていましたか。

朝に洗髪して、整髪料をつけてセットするとします。それを夜に洗わずに就寝し、翌朝に洗い流していませんか。

実はその流れ、非常に悪循環です。髪につけた整髪料は、頭皮にとっては汚れでしかありません。

この汚れを落とさずに寝ると、皮脂と整髪料の汚れが混ざりあい、毛穴が詰まって菌が増殖し、ニキビなどの頭皮トラブルを引き起こす原因になり得るのです。

また、夜に洗髪をしても、髪をよく乾かさないまま寝てしまう人も中にはいます。これもNG。

髪が濡れたままでいると菌が増殖しやすい環境になるので、これもまたトラブルの原因に。さらに、嫌な臭いの原因にもなるのです。

 

毛穴が詰まる食事はNG!脂っこい食事は頭皮ニキビの一因

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-21-6_No-00

食生活の見直しが必要な場合もあります。油ものや甘いもの中心の食生活を送ってはいませんか。

油もの・甘いもののとりすぎは皮脂分泌を促します。過剰に分泌され、結果毛穴が詰まることに。

食事は主食・主菜・副菜を基本とした栄養バランスを考えてとるようにしましょう。

 

お肌と同じ?!ストレスと乾燥は頭皮にも大敵

また、その他にも原因はあります。
まずは、ストレス。過度のストレスを受けると、自律神経が乱れます。

これにより、皮脂分泌のコントロールがうまくいかなくなることもあり、過剰に分泌されてしまうことがあるのです。

そして、洗髪のし過ぎも良くありません。先ほど、夜にシャンプーした方が良いと記述しましたが、洗髪は1日1回までが望ましいでしょう。

朝に洗って、夜も・・・というのは、オススメできません。1日に何度も頭皮を洗うと、地肌が乾燥しやすくなるためです。

肌は乾燥にさらされると、潤いを与えようと皮脂が多量に分泌されるという防衛反応を起こすのです。結果、皮脂による頭皮トラブルが起こるというケースは少なくありません。

 

寝具も清潔に!十分な睡眠でお肌も頭皮も生き返る!

SnapCrab_NoName_2015-8-14_17-22-7_No-00

これまで様々な原因について書いてきましたが、予防するには、その原因となる事柄を避ければ良いのです。

  • シャンプーは夜に、1日1回まで
  • きちんと髪を乾かしてから寝る
  • 食生活を整える

以上の3つはすぐに取り組めますね。これに加えて、

  • 寝具(枕)はいつも清潔にする
  • 十分な睡眠をとる

この2つも実行してみましょう。

枕は頭皮が長時間触れるものなので、毎日カバー・タオルを取り替えて清潔にしておきましょう。

睡眠が不足すると、肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れの治りも悪くなります。6時間以上眠るのが理想ですが、せめて日付が変わる前に布団に入りましょう。

頭皮のニキビを発見したら、まずは生活習慣の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ