ストレスで毛が抜ける!?抜け毛の原因別対処法

SnapCrab_NoName_2016-3-31_9-51-27_No-00

ストレスは心身に影響を与えるため、様々な症状を引き起こします。その一つに、抜け毛が含まれているのをご存知でしょうか。

では、なぜストレスで抜け毛が発生してしまうのでしょうか。

 

ストレスから頭皮の血行不良が起きる

SnapCrab_NoName_2016-3-31_9-52-26_No-00

ストレスは自律神経を乱し、血行不良を引き起こすことがあります。これは、頭皮にとっても良くありません。

血行不良は頭皮を硬くし毛根を弱らせてしまうため、抜け毛が増える原因となり得るのです。

 

男性ホルモン・テストステロンの分泌増加で抜け毛も増える

SnapCrab_NoName_2016-3-31_9-53-3_No-00

ストレスを受けると、体内では男性ホルモンの分泌が活発化するようになります、中でもテストステロンというホルモンが抜け毛を増やす原因に。

テストステロンの分泌が過剰になると、20~30代の男性に多く見られる「男性型脱毛症」にかかりやすくなります。男性型脱毛症は、前髪や頭部のてっぺんを中心に薄毛になり、抜けやすくなるというものです。

 

睡眠不足で成長ホルモン分泌が低下すると髪の抜け毛の原因になる

SnapCrab_NoName_2016-3-31_9-53-48_No-00

強いストレスを受けていると、寝不足になることが多いのではないでしょうか。これは、交感神経の興奮が原因です。

そして、「睡眠不足はお肌に悪い」とはよく言うものですが、実は「髪にも」悪いのです。それは、睡眠時に分泌される成長ホルモンが肌や髪を健康的に維持する役割を持っているため。

成長ホルモンはその日に受けた身体の傷の修復を促すために必要で、一番活発に分泌されるのは夜の10時~深夜2時までの4時間。この間以外でも、睡眠を十分にとっていれば成長ホルモンは分泌されます。

このことから、睡眠不足は髪の毛の健康に悪影響を及ぼし、抜け毛を増やす原因となりやすいでしょう。

 

亜鉛不足で髪の毛の栄養不足になる

SnapCrab_NoName_2016-3-31_9-57-25_No-00

ストレスにより、体内には活性酸素が増加します。これを阻止するのに、体内の亜鉛は消費されるのです。

亜鉛は、髪の毛の主成分であるケラチンを合成するのに必要な栄養素。ストレスで消費されてばかりいると、髪の毛への栄養不足を引き起こしかねません。

栄養不足になった髪の毛は、抜け毛の他、白髪になりやすくも。ちなみに、亜鉛を含む食品は、牡蠣やレバー、牛・豚・鶏肉などです。

 

抜け毛の原因を良く知り、若ハゲを防ごう

SnapCrab_NoName_2016-3-31_9-58-21_No-00

以上のことから、ストレスが原因で抜け毛が増加する仕組みについて理解できましたね。完全に除去するのは難しいですが、上手く発散することが重要です。

ストレスによる抜け毛を防いで、いつまでも若々しくいたいものですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ