もう悩まない!自律神経失調症に効果のある漢方薬とは?

150128-0023

自律神経失調症は比較的に見ても女性の発症率が高いもの。

それには、女性ホルモンの変動が激しいことが理由に挙げられます。

今回は女性に多い自律神経失調症の症状と、婦人科でも処方されることの多い漢方薬について考えていきます。

 

自律神経失調症には漢方薬がいい?

150213-0014

漢方薬は婦人科でもよく取り扱われるのですが、これは体質の根本から改善する目的で処方されます。

婦人科系の症状…生理痛がひどい、子宮筋腫による不調、更年期障害(のぼせ・ほてり、イライラ感etc)などの治療に効果があるのです。

漢方薬の利点は、生薬なので副作用が少なく、穏やかに効いてくるというところでしょうか。逆に短所と言うべきところは、速効性がないというところです。

 

自律神経失調症と漢方薬の相性は?

150213-0016

自律神経失調症は、心と体のバランスが崩れて起こるもの。

「気(エネルギー・精神)・血(血液・血流)・水(体液・むくみ等)」のバランスをみて生薬で治療を行う東洋医学の観点から見ると、自律神経失調症と漢方薬は相性が良いのです。

心と体のバランスが崩れる=気・血・水のバランスが崩れるとも言えます。そのため、漢方薬は自律神経を整えるのに適しているとも言えるのです。

ただし、効果のある漢方薬を処方してもらうには、自分の症状・体質・抵抗力の強弱について医師に詳しく相談することが必要不可欠。

 

心療内科で処方される薬は副作用が出やすい

150213-0015

心療内科では、漢方よりも速効性のある抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬を処方されることが多いです。これらは、何らかの副作用が出るものと考えておくことが前提。

副作用と言っても、医師の指示通り正しく服用していればほとんどは問題ないものです。しかし、体質によっても合う・合わないものもあります。

それを避けたい、速効性のこだわっていないという人には、やっぱり漢方薬をおすすめしたいです。

 

更年期障害やPMSは自律神経失調症と似た症状

150123-0023

先にも記述したとおり、のぼせ・ほてりや不安感、イライラ感が強いなどの症状が生理前に顕著にあらわれるというときは、婦人科で相談しましょう。

更年期障害やPMS(月経前症候群)は自律神経失調症によく似た症状を起こします。

そのとき処方される漢方の例をあげると、

・女神散(にょしんさん)…のぼせ、めまい、月経不順
・加味逍遙散(かみしょうようさん)…ほてり、疲労、月経不順、冷え
・抑肝散(よくかんさん)…イライラ感

など。

月経前は女性ホルモンが変動し、身体的にも精神的にも影響を受けやすい時期で、この時に自律神経が乱れる女性は意外と多いのです。

 

自律神経失調症になって重要なのは自分の症状を詳しく伝えること

150105-0021

自律神経失調症の症状には個人差があり、特定されているものはありません。なので、自分の症状はどのようなものか詳しく医師に伝えることが重要になります。

症状のほか、自分の体質…たとえば、アレルギーがあったり、便秘になりやすい・下痢しやすい、冷え、血圧の状態なども関係してきます。そして抵抗力…風邪をひきやすい・ひきにくいなどもしっかり伝えましょう。

そこからその人に合った薬を見極めることができれば、長期服用が前提ではあっても、効果があらわれるのまでの時間が短縮されることは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ