ダイエット効果だけじゃない?代謝を上げる7つのメリット

141222-0034

基礎代謝量を上げることで痩せやすくなるということはご存じの方が多いと思いますが、実は、代謝を上げるメリットはダイエット効果だけではないのです。

 

代謝を上げる=エネルギー消費量が増える=痩せやすい体に

150306-0006

基礎代謝量というのは、生きているだけで消費するエネルギーのこと。つまり、運動をしなくても消費できるエネルギー量ということです。

ダイエットをするに当たり、適度な運動は必要なものですが、元になる基礎代謝量が低いと、運動をしてもなかなか痩せにくいなどの支障が生じます。

基礎代謝量が増えれば、ダイエットは格段に効果を発揮しやすくなるのです。

 

新陳代謝が良くなる=美容効果

150305-0010

基礎代謝が上がれば、細胞の新陳代謝も良くなります。

肌荒れしにくくなったり、髪も健康的に艶が出るようになるのです。

 

代謝を上げると体調不良の改善に繋がる!

150214-0023

代謝を上げると、体の様々な不調が改善されていきます。

 

冷え性

代謝を上げることで基礎体温も上がります。すると、体の隅々まで血液の巡りが良くなり、冷え性の改善も期待できるのです。

 

むくみ

血行が良くなると、リンパの流れが良くなります。余分な水分の排出が促され、むくみにくくなるという効果が期待できるでしょう。

 

肩こり・腰痛

疲労物質が排出されやすくなります。そのため、慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている人にも効果が現れるのです。

 

自律神経

自律神経が乱れがちな人にも良い影響が与えられるでしょう。心身共に元気になれます。

 

虚弱体質

風邪を引きやすい・疲れやすい人は基礎代謝が低いことが多いのです。基礎代謝量を上げれば、風邪を引きにくい丈夫な体質に改善できる可能性があります。

 

基礎代謝量はどうすれば上げることができるのか?

150123-0004

では、どうやって基礎代謝量を上げるのかというと、方法はいくつかあります。

 

朝食

まずは、朝食をとること。温かいご飯や汁物を食べることをおすすめします。

朝の血糖値が下がっている体に温かい食べ物でエネルギーを与えると、体が目覚め、身体のあらゆる機能が働き始めます。お通じのスイッチにもなるので、朝食は必ず食べるように。

 

筋力トレーニング

また、筋力トレーニングで筋肉量を増やすことも大切です。筋肉量を増やすと、その分エネルギーが消費されるようになります。

そのおかげで基礎代謝量が上がるのです。

 

有酸素運動で肺活量UP!

筋力トレーニングも大事ですが、有酸素運動も忘れずに取り入れるべきです。有酸素運動で肺活量を鍛えると、全身に酸素が行き渡りやすくなるという効果が。

全身に酸素が行き届くことで、各臓器の機能や血の巡り、体調不良の改善が促されます。

 

体を温める

体が温まることで血行が良くなります。体を温めるのには半身浴がオススメ。

 

適度な運動

体の柔軟性を高めると基礎代謝は上がっていきます。ヨガやストレッチなどで筋繊維を柔らかく解すと、血行が良くなり基礎体温が上がります。

つまり、体を温めて程良く筋肉量を増やし、柔軟にしておくことが鍵ということです。

 

基礎代謝量を上げて健康に

150112-0003

上記の通り、代謝を上げて基礎体温を上げると健康状態が良くなります。最近不調が続くなというときは、少しずつ体を動かすなどしてみましょう。

基本は体を温めること。お風呂上がりのストレッチなら、緩く長く続けていけるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ