ストレスと過食のメカニズムを知ってポジティブになる方法

150501-0029

ダイエット中、無性にイライラしておさまらないときがある。こんな経験をしている人は多いでしょう。

そうなると、ついついやけ食いに走ってしまう人も少なくないのでは?

実はこの「ストレスによる過食」という現象なのですが、どうして起こるのか・・・今回はそれについて考えていきます。

 

ストレスが引き起こす過食

150501-0028

たとえばダイエット中、食べたいのを我慢しているとイライラすることはよくあります。欲求を抑えることがストレスとなり、精神状態は戦闘モードに切り替わるのです。

つまり、イライラが過剰になっているときは興奮作用を引き起こす交感神経が優位に立っている状態。

これを鎮めるために、副交感神経を働かせたい体は、まず胃を膨らませようとします。

胃に食べ物が入ると、それを消化するために副交感神経が優位に立つようになるのです。

また、ストレスが過剰になると、脳からコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

このコルチゾールは食欲抑制ホルモンを減少させる作用があるため、食欲に歯止めが利かなくなる恐れが。

そうして「やけ食い(過食)」という行動に出てしまうのです。

 

セロトニン不足で過食に

150501-0031

そして、セロトニンが不足する事でも過食は引き起こされます。このセロトニンというのは、脳内の機能を安定させる役割を持つ神経伝達物質です。

これはうつ病や不眠症とも深い関係をもつもので、不足すると心身ともに不調をきたすことがあります。

それは、セロトニンがドーパミン(意欲的・前向きな思考をもたらす)とノルアドレナリン(不安感などネガティブな思考をもたらす)という脳内物質のコントロールを司っているからであり、これがバランスを崩すことで過食を引き起こすと言われています。

 

過食は防衛反応のひとつ

つまり、過食は一種の防衛反応。

体が副交感神経を優位に立たせる(興奮状態を落ち着かせる)ために、過食という方法をとるということなのです。

 

過食を防ぐにはどうしたら良い?

150501-0030

まずは、ストレスを取り除くもしくは発散する事が必要でしょう。

しかし、ダイエット中のストレスを取り除くあるいは発散するということを考えたとき、それは「=ダイエットを諦めて好きなだけ食べる」という発送に至ってしまいそうになりますね。

ダイエットのことのみに関して言えば、そうとは限りません。第一、それではまたストレスがたまってしまうでしょう?

・セロトニンの分泌を促す
過食を防ぐに当たり、「セロトニンの分泌を促進する」ことがひとつめの対策方法。これは、規則正しい生活と適度な運動により、安定してくるものなのです。

セロトニン神経は日光を浴びることでもっとも活性化し、夜はそれが落ち着くという性質を持ちます。早寝早起きの習慣をつけることで分泌も安定するでしょう。

ウォーキングやジョギングといったリズミカルな運動もセロトニン神経を活性化させます。有酸素運動で脂肪燃焼も促され、ダイエット中には特に適していますね。

・人とコミュニケーションをとる
仕事などとは別に、リラックスした状態で話ができる人との交流はストレス発散に適しているということを知っていましたか。一人で食事をすることも、実はストレス原因のひとつになりかねないのです。

・量より質を重視した食生活を
やけ食いに走ってしまうほど、食べたいものを我慢する・・・。実は、それが良くないのです。

もちろん、甘いものを毎日大量に摂取することはいけません。これは、「量よりも質」という考えに切り替えることが重要なのです。

たとえば、ダイエット中でも週に1回は高級なチョコレートを一つ食べても良いことにするとか、一口大のケーキをよく味わって食べるなど自分へのご褒美を設けることをおすすめします。つまりは、「満足感」が大事なのです。

「規則正しい生活リズム」「他者とのコミュニケーション」「心が満たされる食事」が、ストレス対策には重要なのです。

過食のメカニズムについて理解し、ストレスを上手に予防・発散させることで、より前向きで充実した生活を送ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ