正しい知識を持とう!多くの女性に潜む子宮筋腫の症状と治療法

150509-0045

子宮筋腫は成人女性の4〜5人に一人の割合で発症する、決して珍しくない病気です。今回は、子宮筋腫の主な症状や意外な症状、治療法について書いていきます。

 

そもそも子宮筋腫ってどんな病気?

子宮のあらゆる場所にこぶ状のしこりができる病気です。そのほとんどが良性の腫瘍で、ガンとは違います。

1個〜数十個できることもあり、大きさも様々。卵巣ホルモンが影響して大きくなるものもあり、この場合は閉経後に小さくなることが多いです。

 

自覚はありませんか?子宮筋腫の症状

150509-0044

子宮筋腫は自覚症状がいくつか現れます。

・経血量が増える
子宮内膜内に筋腫があることにより、膜の面積が増えた分、経血量も増える傾向にあります。以前より明らかに増えてきたと感じたならば、要注意です。

・月経の日数が増える
経血量が増えれば、日数が増えることも。7日だったのが10日以上かかるようになったなどの症状が毎月続くようであれば、婦人科を受診しましょう。

・生理痛が強くなる
子宮筋腫があることで、月経の際の子宮収縮をする力が弱まる傾向にあります。このせいで経血の排出がうまく行われず、強い生理痛が生じることも。

他に、子宮内膜症でもこの症状が引き起こされます。

・不正出血
月経以外に出血が見られることがあります。子宮筋腫ではなくても起こるもので、もし不正出血が見られたら、できるだけ婦人科を受診することをおすすめします。

・貧血症状(めまい、立ちくらみ、疲れやすいなど)
特に月経時になりやすいです。筋腫が原因で経血量が増えるということは、出血が増えるということ。

それと同時に鉄分も失われ、「鉄欠乏性貧血」になりやすいのです。月経時は体が冷えやすい、ふわふわするようなめまいがあるなどの症状が現れたら、迷わず婦人科へ。

・頻尿、便秘
腫瘍が大きくなることで膀胱や腸を圧迫するようになると起こります。

・お腹の張り、しこり
腫瘍はお腹の上から触ってわかるほどの大きさになることもあるのです。

 

知っておこう筋腫ができる場所

150429-0032

主に筋腫ができる場所や呼び方は次の通り。

・子宮の内側(粘膜下筋腫)
子宮の内側、つまり内膜上にできます。赤ちゃんを育てる場所なので、妊娠着床が難しくなることも。

・子宮の外側(漿膜下筋腫)
子宮の外側にできるため、大きくなると下腹部が腫れるように大きくなったり、しこりが手で触れるようになることも。

・子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)
子宮を構成する筋肉の「中」にできる筋腫です。子宮収縮が困難になり、生理痛がひどくなることがあります。

 

子宮筋腫の治療法は手術だけではない!

「子宮筋腫って、手術しなければ治らないんでしょ?」・・・こう思っている人も多いですが、実は、必ずしも手術が必要なわけではありません。

腫瘍の大きさ、場所、将来にかけての支障はどの程度のものか、症状の強さ・・・などをみて、手術にするか、あるいは投薬治療を行うかなどを医師とよく相談して決めることができます。

また、漢方薬で症状を緩和したり、年1〜2回の経過観察だけで良いと診断されることも多いです。

 

放置してはいけない!定期健診で早期発見!

150509-0043

先述したような自覚症状があっても、筋腫のせいとは気がつかないこともありますので、せめて年1回の婦人科検診を受けましょう。

早期に発見できれば、子宮筋腫によるつらい生理痛、貧血などの不調を和らげることができるかもしれません。

自分の体は自分で守り、労ってあげましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ