バランスのとれた食事が基本!自律神経失調症を防ぐ方法

SnapCrab_NoName_2015-8-14_16-9-20_No-00

自律神経失調症には、食生活が大きく関わっています。意外・・・と思う人もいるかもしれませんが、私たちの体は食べたものからできています。

皮膚はもちろん、筋肉や骨、血液や各臓器、脳神経に至るまで、食事は体に大きく影響するのです。

 

サラリーマンは仕方ない?ストレスを貯め込みやすい人の食事

SnapCrab_NoName_2015-8-14_16-10-54_No-00

自律神経を乱す主な要因はストレスです。ストレス耐性が弱い人ほど自律神経失調症を発症しやすいというデータがあります。

ストレスをため込みやすい人の食事には特徴があります。

 

朝食を抜きがち

まず、朝食を抜いたり、起きる時間が遅いために朝と昼の食事を一回にまとめてとることが多いこと。

朝食は一日の中でもっとも大切な食事です。睡眠時に下がった体温と血糖値を上昇させ、脳にエネルギーを送ります。

これは機械を起動させるような働きで、これがないと一日頭がすっきりしないなどの症状がでやすいのです。朝食を抜くことは、一日のスタートを気持ちよく切れないことにつながります。

 

早食い、ながら食べが多い

早食いの人は、食事で噛む回数が少ない傾向が。噛む回数が少ないと、消化吸収に時間がかかって胃腸に負担がかかります。

胃腸はストレスに弱い臓器。ここを守らなければ、ストレス耐性は決して強くなりません。

また、噛むことは脳への刺激にもなり、心を落ち着かせる作用もあるのです。

仕事をしながら忙しく食べることもストレス上昇の原因に。リラックスして食事をすることで、脳は安定します。

余裕をもって食事の時間をとるようにしましょう。

 

甘いものはほどほどに!ストレスに負けない食事とは?

SnapCrab_NoName_2015-8-14_16-12-14_No-00

イライラすると甘いものがほしくなることはありませんか。これは、糖分が情緒を安定させる効果があるため、体が欲するようになるからです。

しかし、糖のとりすぎは体を酸性に導き、ストレスに弱くなってしまいます。ストレスに弱い体は、疲労・無気力感を起こしやすいのです。

ストレスに強く、自律神経失調症を予防するためには、バランスのとれた栄養摂取が鍵となります。

 

タンパク質

ストレスに強くなり、自律神経失調症を予防するには、まずタンパク質をしっかりとることが大事。タンパク質には精神を安定させる働きがあり、あらゆる身体機能を活発にするホルモンを分泌するのに欠かせない栄養素なのです。

 

ビタミンB・ビタミンC

ビタミンB・Cの摂取はストレス解消のために重要。ビタミンBは青魚に多く含まれます。

ビタミンCは果物や葉野菜にたくさん含まれているので、毎日意識してとりたいもの。ストレスへの抵抗力がアップします。

 

カルシウム

カルシウムには脳細胞の興奮を鎮める働きがあります。牛乳・乳製品、小魚、海藻類から毎日しっかり補給しましょう。

寝る前にホットミルクを飲むと、安眠効果も。

 

鉄分

レバーなどに多く含まれる鉄分は、貧血・疲労を防止する働きを持っています。ビタミンCとともに摂取すると効果的に体内に吸収されます。

レバニラのニラにはビタミンCが豊富に含まれているので、正に理にかなった料理と言えるでしょう。

お茶に含まれるタンニンや食物繊維との相性は良くありません。食事の際は気をつけましょう。

 

侮れない食生活!精神の健康はバランスの良い食生活にアリ

SnapCrab_NoName_2015-8-14_16-13-4_No-00

自律神経失調症になりやすい人は、まずは食生活の見直しをしてみましょう。栄養の偏りから体調を崩すことはよくあることですが、それが精神・神経にも関連するなんて意外・・・と感じた人も多かったのではないでしょうか。

ストレスに負けない食事が自律神経を強くします。

健康な食事は、健康な体をつくる基本です。上記を参考に、バランスの良い食生活を送る意識を高めましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ