本当に怖い熱中症!症状を知って重症化を防ごう!

150910-0032

日本の夏は高温多湿。梅雨時期から蒸し暑い日が続きます。

そんな環境下に置かれる時期は特に熱中症に注意しなければなりません。

 

熱中症の原因を知って予防しよう!汗をかいたら水分補給

150910-0029

そもそも熱中症はどうして起こるのでしょうか。

これは、高温多湿な環境下に置かれた身体が上手く適応できず、様々な異常症状が生じるものです。本来、身体には体温の調節機能が備わっていて、その鍵を握るのが「発汗作用」。

発汗により、熱くなった体の熱を下げる効果があります。

しかし、汗腺はつかわなくなると衰え、次第に汗をかきにくい体質に。汗腺の衰えの原因は、エアコンの普及や運動不足とも言われています。

また、発汗はしなくとも体内の水分は蒸発していきます。発汗作用が衰えている人は、自分の脱水症状に気づきにくい場合が多く、水分の補給を怠ることも。

これがさらに熱中症を引き起こしやすくします。

 

ちょっとした体の異変も症状の一つ!熱中症の症状

150910-0031

ところで、熱中症と言えばどのような症状が思い浮かびますか。発熱、脱水・・・などはすぐあがるでしょうか。

実は、熱中症の症状にも様々あって、「えっ、これもそうなの?」と思えるようなものがいくつかあります。

 

めまい

意識が遠のいて、身体がふらつくなど。顔の火照り(のぼせ)が伴う。

 

筋肉痛

ふくらはぎがつる「こむら返り」や筋肉のけいれんなど。

 

倦怠感、吐き気

加えて頭痛を伴うことも少なくない。

以上のような症状がみられることがあります。

 

救急車を要請する場合も!知っておきたい重度の熱中症

比較的重度の症状では、発熱による熱けいれんや熱失神、熱射病があげられます。これらの対処方法は以下の通りです。

 

熱けいれん

筋肉痛・足のつりが悪化すると起こる。生理食塩水(0.9%の食塩水)を飲ませ、日陰や冷房のついた部屋に移動させて様子を観察。

もしも改善しない場合は、救急車を要請する。

 

熱失神

めまいから生じることが多い。涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分をこまめに飲ませる。

適した飲み物は0.1〜0.2%の食塩水やイオン飲料、経口補水液など。足を高くして寝かせ、手足を抹消から中心に向かってマッサージをすると効果的。

 

熱射病

体温が高く、意識障害がみられた場合、直ちに救急車を要請して素早く応急処置を。救急車が来るまでは身体に直接水をかけたり、濡れタオルで肌を冷やすなど、とにかく体温を下げる努力を続ける。

首筋、脇の下、大腿部の付け根など大きな血管がある場所を冷やすのがコツ。

早急な水分補給と冷却が予後を左右するので、迅速に対処しましょう。

 

猛暑のスポーツは危険!高齢者や小さな子どもも要注意

150910-0028

熱中症になりやすいのは、高齢者や小さな子供です。夏に激しいスポーツを行う人も非常に危険。

運動不足の人、日頃から冷房のきいた場所で過ごしている人なども要注意です。予防には、こまめな水分補給が有効ですよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ