足のにおいの元は何?原因を知ってもうにおわない足にする方法

150911-0014

一日中履きっぱなしの靴を脱げと言われたら、そう簡単に脱げませんよね。なぜなら、足のにおいが気になりますもの。

今回は、足のにおいの原因は何なのか、どうしたら防ぐことができるのかを考えていきましょう。

 

においの元は汗と増殖した雑菌!

まず、足のにおいの原因について。足のにおいがきつくなる原因は、繁殖した雑菌の仕業です。

足の裏には他の部位よりも3〜10倍の汗腺が集中しています。つまり、他の部位よりも汗をかきやすい場所であるということ。

汗がにおいの原因のひとつではありますが、実際、汗そのものにはにおいはありません。では、なぜあの嫌〜なにおいが発生するのでしょうか。

それは、人の体に常在する表皮ブドウ球菌やバクテリアなどの細菌の働きが関連しています。これらが汗と一緒に流れ落ちた古い角質などを分解することで、嫌なにおいを発生させるのです。

汗で蒸れた靴の中は高温多湿になりますが、これは雑菌の繁殖に好条件の環境を与えてしまうのです。繁殖することで、そのにおいはさらに強まってしまいます。

 

汗をかくことは生理現象だと思って諦めるが吉

150925-0013

「汗をかくとにおいが発生してしまう・・・」と考えすぎると、かえって発汗量が増加してしまうこともあります。これは精神性発汗といって、「緊張すると手に汗をかく」という現象と同様のものです。

とは言え、生理的にも汗をかかないようにすることは難しいため、足のにおい対策には、他の点を工夫することが必要でしょう。

 

足は清潔第一!正しい足のお手入れ方法

150911-0013

足のにおいの原因は、汗と一緒に流れた「古い角質」と「雑菌の繁殖」。まずは、古い角質や汚れをしっかり落として、足を清潔に保ちましょう。

足の洗浄には、保湿成分の含まれたボディソープ等は適していません。殺菌効果のある固形石鹸または専用の液体石鹸等が有効です。

指の間、かかと、よごれの溜まりやすいくるぶしなども丁寧に洗いましょう。ちなみに、お風呂に浸かった後は角質や垢が柔らかくなって落ちやすくなります。

 

同じ靴は毎日履かない!3足をローテーションしよう

150911-0016

毎日同じ靴を履き続けていると、靴に湿気がたまってしまいます。それがにおいの原因にもなるのです。

できれば、靴は3足以上用意するのが望ましいでしょう。脱いだ靴に消臭作用のあるスプレーをした後、シュードライを使用しましょう。

靴の乾燥には2日ほどかかります。屋外の風通しの良い場所に陰干しすることをおすすめします。

 

オシャレもにおい対策も足元から!靴下選びも重要

150911-0010

靴下の選び方も重要です。綿100%のものは吸収性に優れていますが、発散性には乏しく、蒸れやすくなっています。

そこでおすすめなのが、「綿+シルク」や「綿+天然ウール」などの混紡製品のものです。綿との混紡にすることで、吸収性と発散性のバランスが良く、ムレを防いで足のにおいを防ぎます。

 

今日から実践できる!足のにおい対策

足のにおいを防ぐには、

  • においの原因となる雑菌と、その雑菌の繁殖を抑える為に殺菌作用のある石鹸で足を丁寧に洗う
  • 靴は3足以上をローテーションして履く
  • 綿混素材の靴下を選ぶ

以上が有効です。

意外と簡単だと思いませんか。気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ