熱中症対策は現代人の常識!誰でも簡単にできる予防法

150925-0002

夏は夏バテ・熱中症に気をつけなければなりませんね。毎年バテやすい人はいませんか。

実は、夏の食生活・水分補給の仕方で夏バテ・熱中症になりやすくなることがあります。正しい夏の食生活と水分補給の仕方を知り、予防しましょう。

 

栄養バランスに気をつけて!冷たい物ばかりの食事はNG

150925-0003

暑い時は冷たいものばかり食べたくなるものです。実際、そうめんや冷やし中華は食欲をそそられて食べやすいですよね。

また、この時期はアイスクリームをよく食べるようになります。夏限定のフレーバーが出たりすると、ついつい試したくなってしまいます。

しかし、暑いからといって冷たいものばかり食べるのはNGなのです。

その理由は、冷たいもののとりすぎで、身体の内側から冷え、内臓、特に消化器官の機能が低下してしまうからです。それは夏バテの原因にもつながります。

また、アイスクリームなどの甘いものの食べ過ぎや主食だけの食事を続けていると、だるさや疲労感を招くことにも。これは、糖質代謝に体内のビタミンB1が消費されるためです。

ビタミンB1は疲労回復にも必要な栄養素で、不足すると分解されなかった糖質が疲労物質となって体内に蓄積し、疲れやすくなってしまいます。

食事は主食・主菜・副菜を基本としてきちんととりましょう。特に夏野菜には体の余分な熱を出す働きがあると言われているので、積極的にとるのがおすすめ。

ちなみにビタミンB1は豚肉やウナギ、玄米ごはんなどに豊富に含まれています。

 

水分補給は水が基本!余分な塩分・糖分は控えよう

SnapCrab_NoName_2015-8-14_13-17-15_No-00

夏の水分補給にもっとも適しているのはスポーツドリンク・・・と思っていませんか。もちろん、全くの間違いではありませんが、それはスポーツや外での作業時などの話です。

では、日常的に水分補給する場合は、どの飲み物が適しているのでしょう。実は・・・正解は「水」です。

水は水分補給の基本。余分な塩分・糖分をとらなくて済むところがポイントです。

よく夏は塩分を補給することが常識のようになっていますが、日常生活を送る分には普段の食事だけで塩分摂取は十分に満たされるものなのです。もちろん、たくさん身体を動かし汗を多量に流す日はスポーツドリンクや経口保水液が適しています。

また、食欲がなく、体力が落ちているときも同様です。身体活動の程度や体調にも合わせ、上手に補給しましょう。

 

最低限押さえておきたい6つの対策

150925-0001

夏バテ・熱中症を予防する6つの対策を以下にまとめました。

 

暑い日中の外出は避けて

午前11時から午後3時はもっとも気温が高くなる時間帯です。外出するなら、まだ涼しい朝か、暑さが和らぐ夕方から夜にかけてが適しています。

 

室温チェックで脱水予防

室内で過ごす場合、室温をまめにチェックすると良いでしょう。省エネ対策で極力冷房を我慢している人も多いと思いますが、30℃を超えた室内にいると、脱水症状を起こすおそれがあり、危険です。

 

設定温度は外気温−5℃以内で夏バテ予防

冷房を使用するにあたり、重要なのはその設定温度。室内と屋外の温度差が大きければ大きいほど夏バテになりやすいものなのです。

目安は外気温−5℃以内。ただし、真夏日(35℃以上)の場合は28℃で固定しましょう。

 

首筋、脇を冷やして熱を放出

熱中症は身体の熱が発散できず留まることが原因で起こります。そうならないために、首筋や脇の下を冷却シートなどで冷やすのが有効です。

 

まめな水分補給

起床時、食事中、排泄後、入浴後、就寝前など、一つ行動する度に水分をとるのがコツです。状況や体調に応じて、飲み物にも工夫を。

甘いジュースやカフェインが多く含まれているものはあまり適していません。基本は水でOK。

 

汗をかいて暑さに負けない体に

運動不足や冷房に慣れた生活を続けていると、汗腺の働きが弱まることがあります。すると、汗をかけない体に。

汗は、体温調節に必要不可欠な防衛機能です。これが衰えることで、夏バテ・熱中症になりやすくなるのです。

本格的に暑くなる前から、運動や入浴で汗をかける体をつくりましょう。夏でもシャワーだけで済ませようとせず、しっかり湯船で体を温めます。

以上、夏バテ・熱中症予防の6つの対策でした。

夏バテ・熱中症を予防する上で重要なのは、対策を実践するタイミング。本格的に暑くなる前から実践し、備えましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ