歯が痛くて我慢できない!急な歯の痛みに効く応急処置とは?

投稿日:

SnapCrab_NoName_2017-1-24_22-42-17_No-00

時間やシーンを問わず、歯が急にズキズキと痛みだすことってありませんか?あれって、本当に強烈な痛みで辛いですよね…。

歯医者に行くのが一番ですが、忙しかったり休診日だったりですぐに診てもらえない時もあるでしょう。今回は、そんな時にも役立つ知っておくと安心な歯痛の応急処置をご紹介していきます。

 

歯が痛むのはなぜ?歯痛の原因を知っておこう

151026-0021

そもそも、歯痛の原因は何なのでしょうか?もっとも多いのは虫歯や歯周病といった病気になっていることですが、口内の汚れや雑菌が刺激となって痛みを引き起こすこともあります。

食べかすなどが虫歯の穴に詰まることで細菌が繁殖し、有害物質を発生させ、歯茎などに炎症を生じて痛みがしてくるのです。

 

急な歯痛に効果的な応急処置とは?

歯の痛みの応急処置として、まずは口内を殺菌・消毒することが有効です。一度きちんと歯磨きで食べかすを取り除いてみてください。必要に応じて歯間ブラシなどを使用しても良いでしょう。

その次は、喉が痛い時などに処方され、うがい薬としてもよく知られている「イソジン」を使ってみるのがおすすめ。

市販されているのでドラッグストアなどで手に入れやすいですが、イソジンがない場合は、ぬるめの塩水でも問題ありません。塩水には神経の腫れを抑える効能があり、細菌を減らす効果も期待できますよ。

 

うがいをしても冷やしても歯痛に効かない場合の対処法とは?

151026-0024

上記の応急処置を試しても効果が見られない時は、鎮痛薬を使って抑えるのも良いでしょう。市販のものでも処方してもらったものでも構いません。一般的に「熱冷まし」と呼ばれるものは、解熱のほか鎮痛作用も期待できます。

 

歯痛は冷やそう!歯を正しく冷やす方法

炎症を起こしている部分は血行が良くなっているので、脈を打つたびに神経を刺激してズキズキと痛みます。痛む歯をすぐに冷やしたくなる気持ちはわかりますが、直接冷たいものを当てるのは逆効果です。では、どうすれば良いのでしょうか?

効果的なのは、頬の上から患部を冷やすこと。拡張した血管が収縮し、過敏になっている神経と血流が落ち着くため、鎮痛効果が得られるのです。湿布を小さく切って貼ったり、濡れタオルで押さえたりして冷やしてみてください。

 

歯痛にも効果アリ!よく知られているあの薬とは?

151026-0023

みなさんご存じ「ラッパのマークの正露丸」。胃腸の乱れを治す時などに使われる薬ですが、この正露丸は歯痛にも効果があることで知られています。

正露丸の主成分である日局木クレオソートには「歯の鎮痛・鎮静」効能を持っているのが特徴。内服するのではなく、適量を虫歯の穴に詰めることでその効果を発揮します。市販されているので手に入れやすく、歯痛や胃腸痛に効くので常備しておくのがおすすめですよ。

しかし、これはあくまでも応急処置なので注意が必要です。また、糖衣タイプのものは効果がないと言われているので覚えておいてください。

 

歯痛の応急処置と一緒に試そう!ツボ押しの効果とは?

WS000017

歯痛に効く手のツボがあることをご存じでしょうか?親指と人差し指の合流点付近にある合谷(ごうこく)と中指と薬指の付け根付近にある歯痛点(しつうてん)です。

合谷は少し強めに痛いくらいに押すのがポイント。爪楊枝の先を使って刺激を与えてもOK。歯痛点はその名の通り、歯痛の応急処置にはうってつけのツボです。

歯痛には直接関係ないと思われるかもしれませんが、意外なほど効果を感じられる人も多いので覚えておいて損はありませんよ。

 

歯痛が引いても放置はNG!歯医者に行って治療しよう

151026-0022

歯痛の原因と応急処置をご紹介してきました。これらの方法を試して痛みをある程度抑えることはできますが、歯の病気を治癒しているわけではありません

やはり早いうちに歯医者を受診し、適切な治療を受けるのが一番です。応急処置はあくまで緊急対応の1つ。歯の痛みを感じたら、なるべくすぐに歯医者へ向かいましょう。

他にこんな記事も読まれています

-健康・医療

Copyright© Nanaコレまとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.