高血圧をみるみる改善!有酸素運動を無理せず続ける4つのポイント

SnapCrab_NoName_2016-3-31_10-23-12_No-00

血圧が高め、高血圧症の人は意外に多いですよね。近年のデータでは、40歳以上の男女で50%以上の人が罹患者であることがわかっています。

高血圧の改善・治療方法は、薬物療法の他、食事療法や運動療法なども含まれています。特に運動療法は、高血圧の症状を改善するのにとても有効とされているのです。

 

1. 高血圧症に有効なのは有酸素運動

SnapCrab_NoName_2016-3-31_10-24-17_No-00

血圧の高圧効果を期待できるのは、ずばり有酸素運動です。ウォーキングやジョギング、水泳などが適しています。

逆に、筋力トレーニング等の無酸素運動は血管に強い負荷がかかるため、症状を悪化させるおそれがあり、危険です。高血圧症の人の血管は動脈硬化を起こしているので、いきなり圧をかけると破裂してしまうことがあるのです。

 

2. 強度は「ややきつい」と感じる程度がベスト

SnapCrab_NoName_2016-3-31_10-26-20_No-00

降圧を目指すための運動強度は「ややきつい(心拍数100~120拍/分)」と感じる程度。頻度としては、一日30分、週3回以上が望ましいでしょう。

しかし、合併症やⅡ度・Ⅲ度高血圧症の場合は、その限りではありません。高血圧症におけるⅡ度・Ⅲ度とは、「最高血圧160mmHg以上、最低血圧100mmHg以上」であることを指します。

以上のような人は、ゆっくりとしたペースで1日10分からのウォーキングを始めてみましょう。呼吸が楽に出来る速さで行います。

慣れてくれば、少しずつ時間や距離を増やしていきましょう。急な運動は避け、ゆったりと気長に続けることが大切です。

また、この治療法を始める前には必ず主治医に相談しましょう。

ただし、症状が重かったり、心疾患・臓器障害、眼底網膜病変などの合併症を患っている人は、自己判断で行ってはいけません。

 

3. 運動の前後にはコップ一杯の水分補給を取ろう

SnapCrab_NoName_2016-3-31_10-27-3_No-00

運動療法を行うに当たり、大事なことがあります。それは、水分補給。

運動の前後にコップ1杯が目安です。体の水分が不足すると、血液中の水分も当然減少してします。

それは、血液がドロドロの状態になるということで、血栓ができやすい環境をつくってしまうのです。

普段から水分補給を意識しましょう。スポーツドリンクよりも水が良いです。

 

4. 運動中息切れやめまいなどの症状が出たら中止をすること

SnapCrab_NoName_2016-3-31_10-28-42_No-00

運動の最中に気分が悪くなったり、以下のような症状が出たら、即中止しましょう。

  • 激しい動悸、息切れ
  • 胸痛、胸が苦しい
  • めまい
  • 吐き気
  • 冷や汗

決して無理をしてはいけません。体調のすぐれない日はしっかり休みましょう。

先述しましたが、この治療法を行うのには医師の許可をもらうことが大前提です。まずは気軽に相談を。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ