ガン予防にも!豆乳の美容・健康の効果を高める4つのコツ

SnapCrab_NoName_2016-3-31_10-58-48_No-00

美容と健康に気を遣う人なら、豆乳が体に良いことは既に知っていることでしょう。今回は、そんな豆乳がもたらす効果を4つに絞って紹介していきます。

 

1. 大豆ペプチドで脂肪燃焼が期待できる

SnapCrab_NoName_2016-3-31_11-0-34_No-00

まず一つ目。それは「脂肪燃焼効果」が期待できるところです。

これには「大豆ペプチド」という成分が関係しています。大豆ペプチドは豆乳などの大豆製品が体内で消化されて、アミノ酸に変化する過程段階での物質です。

脂肪燃焼効果を発揮しながら、基礎代謝を上げる効果も。パイナップルやキウイなど消化酵素を含んだ食材と豆乳をミキサーで合わせてスムージーにすると、吸収率も上がって効率よく摂取できます。

 

2. カルシウムとマグネシウムで骨粗しょう症予防になる

SnapCrab_NoName_2016-3-31_11-4-6_No-00

豆乳にはカルシウムが豊富に含まれています。さらに、カルシウムを骨に変える補助作用を持つマグネシウムも含まれているので、骨の強化・骨粗しょう症予防に効果的といえます。

大豆イソフラボンが女性ホルモン・エストロゲン様の働きをすることを知っている人は多いでしょう。エストロゲンには、骨からカルシウムが流出するのを防ぐ役割もあるため、より骨を丈夫に強くする効果が期待できるのです。

 

3. 大豆イソフラボンとビタミンで女性らしさを保つ

SnapCrab_NoName_2016-3-31_11-5-16_No-00

先にも挙げましたが、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモン様の働きをします。加えて、ビタミンB群・Eも豊富です。

ビタミンB群はホルモンバランスの乱れから生じる肌荒れを防ぎ、ビタミンEはホルモン分泌を活発にする働きをするので、女性らしい若々しい肌のツヤとハリを保つ効果が期待できます。

 

4. 子宮・乳ガン予防に有効でも飲みすぎには注意しよう

SnapCrab_NoName_2016-3-31_11-7-9_No-00

そして四つ目。それは、「ガン予防」の効果です。

豆乳に含まれるサポニン、大豆たんぱく、フィチン酸がガン細胞の生成を防ぎます。先ほどから他の項にも挙げられている大豆イソフラボンには、ガンを促進させる酵素の活動を抑える効果もあり、ガン発症確率を低下させる効果が期待できるのです。

乳がんや子宮ガン、さらには前立腺ガンにも有効とされているので、男性にも是非摂取してほしいところです。

ただし、注意したいのが摂取量。特に女性は気を付けましょう。

女性が豆乳を飲みすぎると、ホルモンバランスが極端に崩れる可能性があります。その案バランスが女性特有のガン発生率を高める恐れがあるのです。

一日コップ1杯程度が適量です。これ以上は飲み過ぎないように、十分気を付けましょう。

以上、豆乳がもたらす4つの効果でした。女性も男性も適量を守って飲み、美容と健康を維持しましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ