戦国時代の黒人サムライ!織田信長に仕えた黒人侍「弥助」

SnapCrab_NoName_2016-5-26_16-15-10_No-00

 

織田信長に仕えた黒人サムライ「弥助」

織田信長には黒人の家臣がいました。元々はイタリア人の宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノが来日した際インドから連れて来た召使いで、当時ポルトガル領であった東アフリカのモザンビーク出身だといわれています。

天正9年(1581年)にヴァリニャーノが織田信長に謁見した時、奴隷として連れて行かれました。

初めて黒人を見た信長は体に墨を塗っているのだろうと言い、体を洗わせたといいます。ところが色が白くなるどころか一層黒く光ったそうです。

彼がひどく気に入った信長は、ヴァリニャーノに交渉してついに譲り受けます。そして彼に「弥助」(彌介ともいわれています)と名付け正式に武士の身分に取り立て身辺に置くようになりました。

名前は本名「ヤスフェ」を聞き間違えたのではないかと言われています。

 

派手なものが好きな信長は弥助を気に入っていた

SnapCrab_NoName_2016-5-26_16-16-10_No-00

弥助の身体は身の丈六尺二寸(187㎝)で、その身体的能力は日本人男性10人分以上に優れていると信長は評価しています。前田利家もほぼ同じ身長であったらしく、170㎝といわれた信長と揃った姿は当時壮観だったことでしょう。

信長の甲州征伐の折、弥助も共に従軍していたそうです。これは道中弥助を見た民衆がどのように驚くかを見たいという信長のイタズラ心を起こさせたからかもしれません。

新しいものや派手なものが大好きだった信長の好奇心をさぞや掻き立てたことでしょう。

弥助の方も奴隷の身分から一転して衣食住に困らない上、士分という立派な地位まで与えられたことで信長に対してただならぬ恩を感じていたと思われます。

信長の方も、弥助をゆくゆくはどこかの城の主にしたいという考えも持っていたかもしれません。

 

弥助は本能寺の変の際には信長に従っていた

SnapCrab_NoName_2016-5-26_16-17-49_No-00

本能寺の変がおきた時、弥助も信長に従って側にいたのです。故郷から遠く離れたこの地で、その主のために命がけで明智軍と戦いました。

信長が炎の中で自害すると、弥助は二条城に立てこもっていた信長の嫡男信忠のもとへ駆けつけまず。しかし奮闘及ばず明智軍に捕まってしまいました。

本能寺を脱出した時逃げようと思えば逃げられたはずですが、弥助は信忠を助けに向かいました。

信長親子に対して、織田家に対してそれほどの思い入れがあったということでしょう。

 

本能寺後の弥助は明智光秀によって南蛮寺に送られた後消息不明

SnapCrab_NoName_2016-5-26_16-18-31_No-00

二条城で信忠も自害して果てましたが、弥助は命を助けられました。明智光秀は弥助を人間だと思っていなかったため、もといた南蛮寺に送り返したそうです。

差別をしていたのか、外国の人だから助けてやろうと考えたのか光秀のみ知るところです。

其の後の弥助の消息ははっきりしていません。一説には九州の有馬家に仕えたといいます。しかしこの頃日本にはたくさんの黒人がいたため他人であったかもしれません。

また別の説では、故郷へ帰ったのではないかとも言われています。これもはっきりとした証拠はありません。

ただ、黒人サムライが信長の首を持ち出しデスマスクを作ったと言う噂は聞いたことがあります。

当時の日本にそのような概念があったのか不明ですし、弥助にその知識があったとしても材料が揃わなかったのではないかと思われるのですが、あなたはどう考えますか。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ