天下を目指した男!織田信長の誕生から本能寺の変までの歴史

SnapCrab_NoName_2016-6-8_17-37-3_No-00

 

信長の誕生と幼少時代

織田信長といえば三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康)の一人であり、戦国時代の風雲児といわれた武将であることはとても有名な話です。ではその信長が、数多の武将の中からどのように天下を取るまでの人物となっていったのか、その歴史をみることにしましょう。

信長は、天文3年(1534)に尾張の戦国大名織田弾正忠信秀の嫡男として生まれました。信長には腹違いの兄が二人いたのですが、信長の母・土田御前が信秀の正室だったため嫡男として育ちました。

幼名は吉法師(きっぽうし)といい、2歳の時から元服するまで那古野城にいたようです。元服前の信長は「尾張の大うつけ」と言われ清洲城下に数騎で火を放つなど奇抜な行動が多かったようです。

この頃今川家へ人質として送られる途中、松平家の戸田康光の裏切りにより織田家へ護送されてきた松平竹千代(後の徳川家康)と出会い幼少期を共に過ごしています。歴史上この出会いが先々まで影響を与えることになるのです。

 

信長の元服から結婚

SnapCrab_NoName_2016-6-8_17-38-11_No-00

信長は天文15年(1546)に13歳の時古渡城にて元服します。この時幼名の吉法師から上総介信長と名乗るようになりました。翌年初陣で三河大浜(現在の愛知県吉良町)まで出陣しています。

天文17年(1548)美濃の斎藤道三の娘濃姫と結婚しました。一説には信長と会見した際に道三は信長の器量を見抜いていたと言われています。

 

信長の家督相続し天下を目指す

SnapCrab_NoName_2016-6-8_17-38-58_No-00

天文20年(1551)父信秀が没し、信長は家督を継ぐことになります。信長の歴史はここから戦いの日々が続きます。

天文20年(1554)本拠を清洲城に移した信長は永禄2年(1559)初上洛をし、13代将軍足利義輝に拝謁しています。

翌年には桶狭間において今川義元を討ちました。総大将の死により今川軍は戦意を喪失し戦いは織田軍の大勝となりました。

その後永禄10年(1567)尾張・美濃を手中に収めた稲葉山城の戦いの後、「天下布武」の朱印を使用し始めたようです。天下統一を目指し始めたということでしょう。

永禄11年(1568)義輝の弟である足利義昭を奉じて上洛したが、和泉一国の守護への恩賞だけを受け取り岐阜へ戻りました。

元亀元年(1570)上洛命令を無視する朝倉義景討伐のため、浅井氏との盟約を破り朝倉攻めを始めるが、金ヶ崎で浅井氏の謀反により危機に陥った織田・徳川軍は撤退を余儀なくされ殿を務めた明智光秀や木下藤吉郎らの働きもあり京ににげることができました。世に言う金ヶ崎の戦いです。

織田信長はすぐに徳川軍と姉川の戦いで、浅井・朝倉軍に勝利しています。その後石山本願寺の門徒が一揆を起こし信長の実弟織田信興を自害に追い込んでいます。これが歴仕にいう長島一向一揆です。

元亀2年(1571)信長は浅井・朝倉に味方した延暦寺を責め、抵抗されたため比叡山延暦寺を焼き討ちしました。一方でこの頃から甲斐の武田信玄が動き始めていました。

武田氏は岩村城を降伏させ、三方ヶ原の戦いでは織田・徳川連合軍は武田軍に大敗しています。翌年武田信玄が病死していなかったら歴史はどう動いていたのでしょう。織田信長の天下取りはそこで途切れていたかもしれませんね。

武田氏の撤退と共に織田信長は、足利義昭を追放しここで室町幕府の歴史は終わりを遂げます。

 

天下統一への戦い

SnapCrab_NoName_2016-6-8_17-40-9_No-00

天正元年(1573)刀根坂の戦いで朝倉分を破り朝倉義景は自害しました。

翌月小谷城を攻略し、浅井久政・長政父子は自害しました。この時浅井長政の正室であった信長の妹お市の方と3人の娘たちは木下藤吉郎秀吉に助け出されています。

織田信長は、数万の大軍と、伊勢・志摩水軍を率いて一向一揆を鎮めるために出陣したが、一揆側の反撃で信長の庶兄・織田信広や実弟の織田信成を失った。これに対して中江城・屋長島城に立って篭った門徒2万人を焼き討ちしました。

翌年荒木村重が大和田城を占拠したのを機に、高屋城、石山本願寺周辺を焼き討ちにし、この後石山本願寺と一時的な和睦が成立します。

一方武田勝頼は織田・徳川に向けて再侵攻を繰り返し、天正3年(1575)5月ついに38000人の織田・徳川軍に対し15000人の軍勢で長篠の戦いに臨むことになります。この時信長は火縄銃1000丁あまりで武田家に圧勝したと言われています。

天正3年(1575)織田信長は権大納言に任じられさらに右近衛大将をも兼任しました。これで「天下人」と事実上認められた時でした。翌年琵琶湖湖畔に安土城の築城に手掛け天正7年完成をしました。信長はこの安土城を拠点に天下統一に向けて動き始めるのでした。

その後本願寺軍を撃破した天王寺砦の戦いや、武田家滅亡となる甲州征伐等を行った。

 

天下を目前にして本能寺に散る

SnapCrab_NoName_2016-6-8_17-40-50_No-00

天正10年(1582)年信長は中国遠征の準備のため上洛し本能寺に滞在していたが、明智光秀の謀反により不意をつかれ、100人程の手勢で立ち向かいましたが、形勢を見かねてついに居室に火を放ち自害して果てました。享年49歳でした。

天下を目の前にした最後でした。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ