家康に影武者がいた!?徳川家康と村岡素一郎に隠された影武者説

SnapCrab_NoName_2016-6-8_18-2-9_No-00

 

徳川家康に影武者がいた説がある

織田信長、豊臣秀吉に次いで最終的に天下統一を果たした徳川家康には、影武者がいたとする説があります。つまり途中で家康に成り代わった者がいたというのです。

実際、武田信玄は弟を影武者としていたと言われています。歴史に名の残る人にはほとんど、その命を守るため、またその死を隠すための影武者はいたのではないでしょうか。

 

村岡素一郎が唱える「世良田二郎三郎元信」が家康に入れ替わった影武者説

SnapCrab_NoName_2016-6-8_18-7-1_No-00

徳富蘇峰の経営する民友社から地方官吏であった村岡素一郎は、「史疑徳川家康事蹟」という書籍を出版し、家康の影武者説を唱えています。

村岡氏はこう考えました。

松平広忠の嫡男で幼名を竹千代、元服後は松平二郎三郎元信と名乗った人物は正真正銘の松平(徳川家)の当主でした。桶狭間の戦いで今川軍の先鋒として活躍したのも本物の元信でした。

しかし元信は今川義元が死去した後独立するのですが、数年後に不慮の死を遂げてしまうのです。
この後に登場する元信は、世良田二郎三郎元信という全くの別人が成り代わったものだというのです。

 

「世良田二郎三郎元信」について

 

元々は「浄慶」という名の僧侶の見習いで、父親は祈祷僧、母親はささら者(賎民)の娘だったといいます。

今川氏が桶狭間で敗れて混乱すると、同士を募って浜松城を落とし、三河をも攻略すべく侵攻するのですが、松平元信に敗れ尾張に逃れます。信長と水野信元を使い、元康に今川から離反するように説得するのですが聞き入れなかったため、信長は信元に命じて元康を攻めさせました。

この時元信が期待したような手柄を上げられなかった事から孤立し、元康に降伏し、信康の身柄を元康に返す事を条件に罪を許され、家臣になったといいます。

 

元康の死を隠すために「世良田二郎三郎元信」が入れ替わったとされる

SnapCrab_NoName_2016-6-8_18-9-56_No-00

元康は1560年(永禄3年)、織田信長と戦うため尾張に向けて侵攻していましたが、その途中で元康が阿部正豊に暗殺されてしまいます。

元康の死を隠すために、身代わりとして世良田二郎三郎元信が抜擢されたというのです。そして元康になりすました元信は清洲城に出向き、1562年(永禄5年)信長と清洲同盟を結んだのです。

翌年元信は松平家康と改名し、二人の家康が一人の家康になったのです。

 

村岡説以外の影武者説

SnapCrab_NoName_2016-6-8_18-11-57_No-00

家康は大坂夏の陣で真田幸村の奮闘により恐慌状態に陥り、家臣に諌められ逃げる途中後藤基次の槍に突かれ重傷を負いました。堺の寺に運ばれてそこで亡くなったというのです。

堺市の南宗寺に「家康の墓」と言われるものがあり、徳川秀忠。家光が上洛した際には参拝していたそうです。

この時家康の代役には小笠原秀政が終生務めたということです。

 

諸説ある影武者説

このほかにも百姓の矢惣次が関ヶ原以前より影武者を務めていたが、用無しとなり毒殺されたという加賀淳子作家の小説もありますし、隆慶一郎氏の小説影武者徳川家康では、世良田二郎三郎元信は火縄銃を片手に戦場を駆ける野武士として現されています。

家康に限らず、影武者の存在は存在しても無いものとして扱われるものでしょうから、様々な憶測や期待を呼んでもおかしくないですね。

またひとつ歴史のロマンに触れたような気がします。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ