産後に生理不順が起こる特徴と主な原因とは?

150105-0018

妊娠・出産を経て、止まっていた月経が再開する。それは自然なことのように思えますが、実はとても大切なこと。

しかし、産後は生理不順になるお母さんが意外に多いのです。

 

産後の生理不順は珍しくない?

150105-0022

先述のとおり、産後、生理不順になることは珍しくありません。それは、産後は母乳育児や疲れ、ストレスによってホルモンバランスが乱れやすいためです。

産後の月経再開には個人差もあり、1ヶ月で再開する人もいれば、2年後に再開する人もいます。これには母乳を出すホルモンの「プロラクチン」が大きく関わっているのです。

プロラクチンは母乳を出すことの他、排卵を抑制する作用もあります。1日5回以上の授乳を続けている人は、プロラクチンの分泌量が増加するため、再開が遅い傾向にあるのです。

 

産後の生理不順…主な原因は何?

150105-0020

いざ産後の月経が再開しても、しばらく周期が定まらず、経血量にも差が出ることがあります。この原因は、授乳によるホルモンバランスの変化や、育児によるストレス・疲れなど。

特にストレスの影響は大きいと言われています。月経をコントロールする視床下部という脳内組織がストレスの影響を受けやすいため、育児などのストレスが強いと排卵を止めてしまうことがあるのです。

 

月経が再開しない原因には妊娠も…

150105-0019

産後、悪露が落ち着いたけどまだ月経の再開はない。だからといって、排卵していないとも言えないのです。

産後、月経再開前に妊娠したという話は決して珍しいことではありません。望まない妊娠を避けたいなら、月経が再開していなくても必ず避妊をしましょう。

ほとんどの場合、次の妊娠は1年以上期間を空けて考えるのが望ましいとされています。

 

生理不順が長引いて不安な時は病院へ


150105-0021

産後1年以上経っても月経が来ない、生理不順が続いているなどの不安があれば、産婦人科で受診をした方が良いです。先にも書いたとおり、ほとんどの場合は問題ないことが多いので、医師に相談して安心することができるかもしれませんし、他に原因がわかれば気分も楽になるでしょう。

経血ではなく、少量の出血が度々見られる場合は不正出血です。原因として考えられるのは子宮筋腫やポリープ、或いは悪性の腫瘍の場合も。

いずれにせよ、気になることがあるならば医師の診断を受けるのが一番でしょう。不安がストレスとなって生理不順を助長する可能性もあります。

まずは不安を取り除くことが先決です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ