PMSに効果的な漢方治療とは?体質から改善する方法

150128-0001

多くの女性が経験するPMS(月経前症候群)。病気とは違うし、我慢しなければ…と思っている人も中にはいるかもしれません。

実はその症状、治療法があることをご存じですか?

今回はその中から漢方治療についてピックアップしていきます。

 

PMSの症状別に処方される漢方薬

PMSは個人によって症状が異なるもの。漢方薬の種類も多数あり、細かい症状別に処方されるというところが特徴です。

漢方薬はホルモン剤やピルよりも副作用が少ないという利点がありますが、速効性はありません。

体質から改善を図るものであるため、長期服用する事で徐々に効果を発揮するのです。

 

漢方医学から見るPMS症状とは?

漢方医学では「気・血・水」を生体維持の3要素としていて、このバランスをもって健康な体を維持できるのだと考えられています。

PMS症状もこのバランスが崩れたために起こるものとされています。

 

「気(き)」の不調

150128-0002

気は生体エネルギーのことで、呼吸や心臓の動き、体温調節などを司っています。つまり、生命維持に欠かせないものです。

これは精神状態についても関わっていて、気の不調としてはイライラ・不安感、元気が出ないといった症状が現れます。

処方される漢方薬は「加味逍遙散(かみしょうようさん)」など。特にイライラ・不安感が強く現れる人に適しています。

精神状態の影響を受けて呼吸が速くなり過呼吸になったり、動悸が激しくなる人は気の不調を疑いましょう。

 

血(けつ)の不調

血は主に血液の流れを司っています。血流が悪い状態をお血(おけつ)といい、主に肩こり、のぼせ、冷え性、腹痛などの症状を引き起こすようです。

生理前に肩が凝る、生理中は腹痛に悩まされるという人は血が不調になっている可能性が高いということ。

処方される漢方薬は「桂枝ぶく苓丸(けいしぶくりょうがん)」や「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」など。どちらも肩こり・のぼせに効果があります。

 

水(すい)の不調

150128-0003

水は体内の水分を指します。主にむくみを感じやすい、あるいは頭重感、めまい感がある人は水の不調である可能性が。

むくんでいる状態を水が停滞すると書いて「水滞」と呼びます。水滞は内耳器官にも影響してめまい感を引き起こすため、回転性のめまいを経験したことがある人は気をつけた方がよさそう。

頭重感、めまい、冷え、肩こりなどのPMS症状に処方される漢方薬は、主に「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」。頭痛・むくみには「五苓散(ごれいさん)」が適しているようです。

 

PMSを抑える月経前の過ごし方

PMS症状を抑えるには、月経前の過ごし方を工夫する事でも効果があるそう。月経前のスケジュール管理が重要です。

 

無理をしない

仕事の残業は控える、必要以上の仕事を引き受けない、家事を頑張りすぎないなど。

 

リラックスを心がける

ゆったり入浴する、好きな音楽を聴いて楽しむなどすると◎。

 

休息は十分にとる

夜更かしはせずに睡眠をとる(6時間以上が理想)、休日は家で過ごすなど。

漢方薬を続けながら、これらを実践する事でもPMSの軽減が期待できるそうです。

 

漢方は長期服用で効果が現れる

150128-0004

前述したとおり、漢方薬は長期服用することで効果が現れるものです。

速効性にこだわる人には向いていないかもしれませんが、体質から改善することで根本から症状を治療できるものだと思います。

ただし、そのためには自身も改善へ導けるように心がけることも重要です。気長に続けていきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ