生理前にニキビができる人の特徴~改善する方法とは

150213-0007

「生理前はニキビができやすい」という女性は多いのではないでしょうか。中には繰り返し同じ場所にできるという人も。

この生理前のニキビ、どうにかして改善したいものですが…どうすれば良いのでしょうか。

 

生理前ニキビの原因は?

150213-0006

ニキビが出来やすいのは、顎やおでこ、こめかみに。これらは皮膚の薄い箇所です。

そもそも、ニキビができる原因は皮脂の分泌量が過剰になり、毛穴が詰まるため。排卵後はプロゲステロンという女性ホルモンが活発になり、どうしても皮脂の分泌量が増加してしまいます。

そして、毛穴からは老廃物などの汚れが外に出てくるようになるので、皮脂と汚れが混ざり、毛穴が詰まる…というメカニズム。皮膚が薄い箇所ほど敏感なので、ホルモン変化にも影響を受けやすいのです。

 

生理前にニキビができやすい人の特徴?

150213-0009

生理前のニキビができやすい人には体質や性格などに特徴があります。

 

ホルモンバランスが乱れやすい

排卵期はホルモンの変動が激しく、その変動に合わせて体が対応しにくい人。

 

ストレスをため込みやすい

完璧主義であったり、仕事などがうまくいかなくなるとイライラするなど自分に厳しい人に多い。

 

血行が悪い人

常に体が冷えやすく、むくみやすい人に多い。血行が悪いと老廃物をため込みやすく、生理前に排出が促されるので、ニキビを発生させやすくなる。

 

便秘しやすい人

便秘が慢性化している人。

以上のような体質・性格が、ニキビを発生させる要因にもなり得ます。

 

生理前ニキビを防ぐ方法とは?

150213-0008

体質や性格はすぐにどうにかなるものではないですが、日々の習慣を意識することで改善・予防できます。

 

スキンケア

とにかく保湿が基本。保湿で角質を柔らかくし、毛穴を詰まらせないようにすること。

 

メイクはすぐ落とす

排卵期から月経期間中のメイクは軽めが良い。帰宅後はすぐに落とし、肌への負担を減らす。

 

規則正しい生活を心がける

朝は同じ時間に起き、朝ご飯をしっかり食べて睡眠もたっぷりとる。ホルモンバランスを整えるのにはこれが一番効果的。

 

生理前は無理をない

ストレスがたまりやすくなる排卵後〜月経期間中は残業をしない。

 

生理前ニキビは婦人科で診察する方法もある

150128-0026

生理前にできるニキビは、PMS(月経前症候群)の症状の一つでもあります。

なので、婦人科を受診するのも一つの手段です。

婦人科では低容量ピルや漢方薬を処方してくれることがあります。

医師に相談し、必要に応じてお薬をいただくのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ