ストレスが原因でできる大人ニキビを治す3つの方法

150305-0012

大人になってからできたニキビ。

一度治ったと思ったら、これが何回も同じ場所にできる。

できる場所も、思春期の時とは違うみたい。顎や口の周り、フェイスラインによく出る。

これが痕になると、まるで男性の髭のよう…。

大人のニキビの原因は、ほとんどがストレスによるもの。ストレスにも種類があり、「心理的」なものと「物理的」なものに分けられます。

 

大人ニキビの要因はストレス?

心理的なストレスと区分けされるものは、イライラ感、不安、緊張などが挙げられます。

イライラすると、頭皮を掻いてしまうことはありませんか。それは、イライラ感が引き起こした皮脂の分泌が原因です。

同様のことが、ほかの肌上でも起こります。心理的ストレスによって自律神経が影響を受け、不必要な皮脂を分泌させてしまうことがあるのです。

 

乾燥、湿気、寝具の汚れもニキビの原因!

150305-0013

物理的なものには、乾燥、湿気、寝具の汚れなどが挙げられます。言い替えれば、環境によるストレスですね。

乾燥や湿気は肌への負担が強く、不快に感じることによって毛穴が開き、皮脂分泌も過剰になってしまうのです。

寝具の汚れについては、顔が直接触れる枕カバーやシーツをまめに替えるなどの工夫で改善できます。

 

ストレスを感じると男性ホルモンが増加!

ストレスを感じると、男性ホルモンである「アンドロゲン」が体内に増加してしまいます。男性ホルモンと言っても、実は女性も持っているのです(逆も言えます)。

そのアンドロゲンが増加してしまうと、体内のホルモンバランスが乱れて自律神経までも影響を及ぼします。すると、皮脂分泌が促され、ニキビを発生しやすくなるのです。

そう言えば、できる場所も男性の髭が生えるところ(顎・口周り・フェイスライン)がほとんどですよね。

 

大人ニキビの原因・ストレスを防ぐには?

150214-0022

ストレスをためないように…とは思っていても、仕事や家事・育児などでイライラすることは毎日のように起こります。どうしたら発散・予防ができるのでしょうか。

ストレスは、神経質な性格や完璧主義の人にたまりやすい傾向にあります。

 

食事

あらゆるストレス要素に対抗できる栄養素はビタミンC。柑橘系の果物や野菜で積極的に摂取しましょう。

 

睡眠

不安や緊張を抱えていると、よく眠れない日がつづきませんか?でも、睡眠を十分にとることで、そのストレス要素が発散されるのは事実。

睡眠不足は肌荒れの原因にもなります。できれば6時間とりたいところですが、無理ならば休日だけでもしっかりと眠りましょう。

なかなか寝付けない日には、ホットミルクをゆっくり飲むとリラックス効果があり、眠気を誘ってくれますよ。

 

ニキビを防ぐには…とにかく保湿!

150305-0014

ニキビができたからといって、保湿を避けるのはNGです。肌の乾燥は肌荒れを助長し、毛穴が開きやすくなるのです。

朝・晩のスキンケアはもちろん、しっかりと保湿してあげましょう。乳液やクリームで水分を蒸発させないようにするのも重要なポイントです。

潤っている肌は、乾燥やイレギュラーな湿気にも負けません。

ストレスの発散・予防方法を上手に取り入れて、大人ニキビを治しましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ