生理前の不眠!眠れない原因はホルモンバランスのしわざ?

150911-0036

生理前に眠気が強くて困る、といった話はよく聞きますが、逆に眠れなくなるという不眠症状を訴える人もいます。生理前に起こる様々な不調をまとめて「月経前症候群(PMS)」と呼びますが、実はこれらの症状もそうなのです。

今回は、生理前の不眠症状について書いていきます。

 

ホルモンバランスの乱れが元凶?!生理前不眠の原因

女性は月経周期によって体調が左右されるもの。特に排卵後から生理開始までの黄体期がもっとも影響を受ける時期です。

月経はエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンが主に関連していて、生理開始から排卵までの期間は前者、排卵後から生理開始前までは後者の分泌量が優位に立つようになっています。つまり、この二つのホルモンの変動が激しくなる排卵時は体調においても激しく変化する時期であるということです。

ホルモンバランスの乱れこそが生理前の不調・PMSを引き起こす原因なのです。

 

生理前は高温期!体温が高いと眠りに就きにくい

150911-0034

上記で排卵後はプロゲステロンというホルモンが優位に立ち、分泌量が増えると説明しましたが、その影響で生理前には体温が高くなります。この体温の変化が原因で起こる症状の一つに不眠が含まれるのです。

体温が上がるとなぜ不眠症状が出るのでしょうか。

体は、眠りに就くときに体温が低くなります。起床のときには逆に体温が上がるようになっているのです。

しかし、プロゲステロンの分泌量が過剰になると、この睡眠機能の調整に支障が出てきてしまいます。就寝時に体温が十分に下がらず、眠りたくても眠れないという現象が起こることがあるのです。

また、逆に「眠くて朝起きられない」という現象もこれと同様の仕組みで、体温調節がうまく働かないために起こることなのです。

 

生理前は睡眠ホルモンが減少する!

プロゲステロンの増加に伴い、エストロゲンは減少傾向になりますが、実はこれも「生理前は眠れない」という現象を引き起こす要因に。それは、エストロゲンが安らぎを与えると言われている「セロトニン」の分泌に携わっているからです。

セロトニンは睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の原料となりますが、エストロゲンが減少することでセロトニンが分泌される量も減少してしまいます。そのため、不眠症状が出やすくなることがあるのです。

 

やっぱり女性に冷えは大敵!体を温めよう!

150911-0035

生理前の不眠を解消するには、まず「就寝前に体を温めること」から試してみましょう。プロゲステロンの影響で体温が下がりにくくなっているため、一度体を温めて反動で体温を下げやすくします。

  • お風呂はぬるめのお湯で、ゆっくり浸かる
  • お風呂上がりなどに軽くストレッチなどの運動を取り入れる
  • 温かい飲み物を飲んでみる

体を温めるには、これらが有効です。いずれも就寝前に行うこと。

飲み物はリラックス効果のあるハーブティーやカフェインレスのものがおすすめです。そして、就寝・起床時間を一定に保ち、規則正しい生活リズムをつくることも重要。

規則正しい生活は自律神経を整え、ホルモンバランスの乱れを解消していきます。不要なストレスや疲れをため込まないよう、生理前は仕事の量を減らすなどうまく調整を行いましょう。

もちろん、夜更かしもいけません。

 

開き直りも大切!生理前不眠は一時的なもの

150911-0022

「生理前は眠れない」「また不調が現れる」と考えすぎていると、症状が強く出ることも。生理前に眠れなくなるのは一時的な現象であり、生理が開始すれば次第に落ち着いてくるでしょう。

つまり、それほど深刻に悩む必要はないということです。悩み過ぎないことが大切。

主な原因はホルモンバランスなので、「この時期は仕方ないか」と開き直ってしまいましょう。深刻に考えず、上記の対策方法を気軽に試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ