赤ちゃんがすぐに泣いて怒る!そんな時の正しいしつけ方

150105-0009

産まれたての赤ちゃんは泣くだけが仕事なので怒ったりはしませんが、生後一年になるちょっと前くらいから、だんだん赤ちゃんの性格が現れ始めて、機嫌を損ねて、すぐに怒ることもあります。

しかし、そこにはちゃんと理由があるのです。自分はちゃんと育児ができているはずだと過信せずに、赤ちゃんの本当の気持ちに耳を傾けてみませんか?

 

赤ちゃんが怒るのは愛情不足の表れ?

150105-0011

赤ちゃんを抱っこする時は心から愛情を持って抱っこができていますか?生後一年になる頃には、育児にも慣れが出てきて、最初の愛情が忙しさと疲れで薄れてきている可能性があります。

そんな変化を肌や感触から敏感に感じ取れるのが赤ちゃんなのです。まだ言葉を知らないからという理由もそこにはあります。

また、心から愛情を持ってあやしてあげられていますか?遊ぶのもそろそろ楽しくなる頃かもしれません。

そんな時にテレビを見ながら適当に相手をしていたりすると、赤ちゃんは心が寂しくなってしまいます。

そうしたことでこっちを向いて欲しくなって「怒る」という行為に出てしまうのです。

 

赤ちゃんと接する時は笑顔を心がけて

150105-0010

赤ちゃんに話しかける時や顔を見るときは、笑顔で接していますか?何もわかっていないようでちゃんとママの表情をチェックしているのです。

なんとなくいつも面白くなさそうな表情で居られると、赤ちゃんもつまんなくなって怒るのです。無性にイライラして怒るという行為に出てしまうわけですね。

話しかける時や顔を合わせる時は、絶対に笑顔で接するように努力しましょう。

 

たまには怒ることも赤ちゃんには必要?

150105-0012

赤ちゃんが突然怒るのをなるべく防ぐように、その奥にある気持ちを確かめながら対策することも大切ですが、たまには叱ることも必要です。

怒れば言うことを聞いてもらえると勘違いされないように厳しい声で叱ることです。そうしているうちに、ちょっとしたことくらいで怒るのはダメなことなんだと覚えるようになります。

しかし、叱りすぎて赤ちゃんの感情を抑えつけすぎないように加減に注意しましょう。加減が分からなければ、先輩ママや産婦人科などに相談することです。

生後一年のちょっと前くらいから、それぞれの赤ちゃんの性格も表面化してきます。短気な子もいれば、のんびりした子もいます。

性格の違いも踏まえた上で、すぐに怒る赤ちゃんの気持ちをキャッチしながらなだめたり、時には叱ったりしてしつけていきましょう。

ワガママな子にならないよう、今からのしつけが非常にポイントとなります。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ