赤ちゃんにできるニキビの予防~正しい対策方法

150215-0005

新生児によくみられる赤ちゃんニキビ。小さなプツプツが頬やおでこにできますよね。

だけど乳児にニキビができるのは仕方のないこと…と思ってはいませんか?実は、必ずしもできるものではなく、きちんと予防することができるものなのです。

 

赤ちゃんニキビ対策は皮脂汚れをしっかり落とす!

150215-0006

出産後、入院する産院では沐浴の指導を行うところがほとんどでしょう。そのとき、新生児の体の洗い方についても教えてくれるはずです。

生後3か月までの赤ちゃんは皮脂分泌量が多く、毎日皮脂汚れがたまってしまいます。それをきちんと洗い流してあげないと、赤ちゃんニキビが発生してしまうのです。

特に良くないのは、沐浴剤だけで赤ちゃんを洗うこと。沐浴剤だけでは皮脂をしっかり洗い流すことができず、汚れが肌についたままになってしまいます。

また、泡状で出るベビーソープもあまりおすすめできません。一番適しているのは、固形で無添加のベビー用石鹸です。

ちなみに、洗った後肌が余程乾燥しているわけでもなければ、特別保湿をする必要はありません。

注意点は、石鹸での洗浄は一日一回で留めること。難しいかもしれませんが、きちんと泡立ててから優しく洗うと、より効果的です。

 

赤ちゃんにニキビができる原因

150215-0007

赤ちゃんニキビの原因の多くは、毛穴のつまり。皮脂汚れによるものです。

先にも記述したとおり、赤ちゃんは皮脂分泌が盛んです。それは、母親の胎内で受け継いだ女性ホルモンの影響が関係しています。

また、母乳の脂肪分が高いことでも同様に、分泌量は増えてしまいます。産後しばらくはお母さん自身も脂っこいものの摂取を控えて、和食中心にしてみましょう。

母乳の出も質も良くなり、赤ちゃんのニキビも改善・予防されることでしょう。

ほかには、新生児から3ヶ月頃までは布団の上で寝ていることが多いので、寝具の清潔を心がけることが大切です。特に赤ちゃんはちょっとした汚れでも感受性が強いことがあります。

 

赤ちゃんニキビ対策・予防には、とにかく清潔に!

150215-0008

赤ちゃんの汗腺は大人と同じですが、体の面積が小さいのでよく汗をかくように感じられます。

赤ちゃんのニキビは免疫がついて肌が強くなれば、いずれは治るもの。でも、いち早く治すには、親が対策をしなければなりません。

汗は乾いて肌に残るだけで刺激になりますから、濡れたガーゼや柔らかいタオルなどで、こまめに優しくふき取ってあげましょう。そして、寝具周りは毎日清潔を心がけて。

 

赤ちゃんのニキビが化膿・悪化した時の対処法

150215-0009

十分に清潔を心がけていても症状がおさまらない、悪化した場合は、早急に皮膚科を受診しましょう。ニキビではない可能性もあります。

もちろん、悪化する前に医師の診察を受けた方がなお良いです。希望すれば、対処法や予防法についても詳しく説明してくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ