「あせも」から赤ちゃんを守ろう!赤ちゃんの簡単な汗対策

150911-0030

夏は汗をよくかきます。特に赤ちゃんなど、小さな子供は多量の汗によるあせもの発生が心配な季節です。

今回は子供のあせも対策について考えていきましょう。

 

汗が汗の出口をふさぐ!?あせもができるメカニズム

子供の汗腺は大人とほぼ同数存在しますが、体面積が小さいので、汗のかき方が大人とは段違いです。赤ちゃんは髪の毛もびっしょりになるくらい汗をかきますよね。

代謝が活発なのも手伝い、多量の汗が出ます。この汗が肌表面にとどまると、ここに滞在する常在菌のブドウ球菌が増殖し、汗の出口(汗孔)を詰まらせて炎症を起こします。

これがあせもができる仕組みです。

 

今一度確認を!ベビーパウダーの正しい使い方

150911-0031

あせも対策に有効なベビーパウダー。でも、使い方を間違えるとその効果が発揮できなくなります。

これは乾いた肌にはたくことであせもの発生を予防をしてくれるものです。汗をかいてべたべたした肌につけても効果がありません。

汗をふき取るのはもちろん、その後肌表面がしっかり乾いた時点でようやく使用できるものなのです。入浴後などはしばらく涼んでから使うのが良いでしょう。

また、覚えておきたいのは、ベビーパウダーは「予防」には有効ですが、「治療」としては全くの無効であるということ。つまり、あせもができてから使っても意味がないということです。

使用方法に気をつけましょう。

 

清潔第一!寝返りができない赤ちゃんだからこその気遣いを

寝返りのできない赤ちゃんは背中にできやすく、紙オムツを使用している間はおしりや履き口のウエストゴム部分が特に危険です。また、見落としやすいのですが、おでこもあせもができやすい部位のひとつです。

あせもができないように予防するには、とにかく肌を清潔にすること。オムツ替えの度にシャワーや温かい濡れタオルなどでおしりを拭いてあげたり、寝返りできない赤ちゃんの背中をこまめに拭いてあげると効果的です。

おでこは冷たい濡れタオルを使って拭いてあげると赤ちゃんも気持ち良いでしょう。少々面倒かもしれませんが、予防するには肌を清潔に保つことが一番有効なのです。

 

薄着でOK!あせも対策は洋服選びから

150911-0033

あせもの発生を防ぐ一番の対策は、「薄着」かつ「通気性の良い衣服を着せる」こと。多量の汗をかくことが原因で発生するものなので、極力汗をかくことを抑えたいからです。

よく「子供は薄着で大丈夫」といいますが、それはその通りで、夏の室内では肌着一枚でも十分なほどです。汗をかいても吸湿性が高く、蒸発しやすい衣類を選び着せましょう。

ただし、クーラーをきかせた部屋で極端な薄着をさせると体調を崩す要因にもなります。

 

あせもは皮膚科や小児科で受診しよう

150911-0032

対策をしていてもできることはもちろんあります。あせもができてしまったら、皮膚科や小児科を受診しましょう。

できはじめのものは濡れタオルなどで患部を清潔にしていれば改善することもありますが、湿疹化した場合は塗り薬を処方してもらう必要があります。

 

適度に汗をかくことは大切!あせも対策と冷房

猛暑が続く中、クーラーを使用する機会は多いと思います。しかし、乳幼児期に全く汗をかかないで過ごすのも良くないのです。

汗をかかなければあせもは発生しませんが、子供のうちからクーラーに慣れた生活を続けていると、将来の体温調節機能に悪影響を与えてしまいます。

熱中症対策のために適切に使用する分にはほとんど問題ありません。しかし、必要以上に設定温度を下げることはやめましょう。

暑過ぎない午前中に外遊びをさせたり、夏もシャワーだけではなく湯船で体を温めてあげたりして、適度に汗をかかせてあげることも必要なのです。そして、上記の対策を実践し、あせもの発生を防いであげましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ