子供の学力は朝ごはんで変わる!?朝食抜きが子供に与える影響とは

SnapCrab_NoName_2015-12-10_14-16-1_No-00

朝はぎりぎりまで寝ていて、まともに朝ごはんを食べずに家を出てしまう子供・・・学校ではどうやって過ごしているのだろうと心配になりますよね。

実は、朝ごはんは子供の学力にも影響を与えているということを知っていますか。

 

朝ごはん抜きは学力低下につながる

SnapCrab_NoName_2015-12-10_14-16-35_No-00

朝ごはんを食べないと、まず体温が上がりにくくなります。睡眠から目覚めた体は、朝ごはんでエネルギーを補給すると、体温が上がります。

体温が上がる=体と脳が起きることなので、この体温上昇がないといつまでも眠気が取れません。

学校の授業は当然午前中から始まっていますが、朝ごはんを食べていない子供は眠気が取れず、集中力が低下しています。

つまり、集中力の低下した体では学習能力が著しく低下してしまうということ。逆に朝ごはんをしっかり食べる子供は、成績も優秀であることが多いのです。

 

朝ごはんの有無が性格にも影響を与える

SnapCrab_NoName_2015-12-10_14-18-14_No-00

また、しょっちゅう朝食を抜く子供は、「イライラしやすい」「協調性に乏しい」など、性格やストレスへの感受性が大きく変わるというデータもあります。そして学習だけではなく、運動能力の低下にもつながります。

先ほど、朝目覚めたらエネルギーを補給して体温を上げ、体と脳を起こす必要があると書きました。体というのは、内臓も含みます。

体と脳が十分に目覚めないと、体を動かすという機能も十分に働きません。そのため怪我をしやすいというのも注意すべきところです。

 

バランスのとれた朝ごはんが大切な理由

SnapCrab_NoName_2015-12-10_14-19-51_No-00

中には、朝食を食パンやおにぎりだけで済ましている子供もいます。

この主食(炭水化物)だけという食事内容では、いくら朝ごはんを食べているといっても、不十分なのです。

確かに、全く食べないというよりはましですし、炭水化物から得られるブドウ糖でエネルギーは補給できます。

しかし、脳にとっては、糖質の他にたんぱく質や脂質といった三大栄養素やビタミン類などがバランスよく含まれた食事を望んでいるのです。

 

朝ごはんは量より質を重視しよう

SnapCrab_NoName_2015-12-10_14-20-56_No-00

朝が弱くてなかなか起きられない子供でも、手短に食べられる朝ごはんを用意してあげたいものですね。

例えば、おにぎりの具に工夫してみてはいかがでしょうか。ただの塩おにぎりよりは焼き鮭や卵焼きを中に入れて見たり、ちりめんじゃこやチーズを混ぜてあげたりと、炭水化物+たんぱく質の組み合わせがおすすめです。

また、パンならハムやチーズを挟んだサンドイッチにしてあげれば、簡単につまめます。そこに食べやすく切ったフルーツや、昨晩のお味噌汁などを加えてあげましょう。

食べる量よりも質が大事なので、各種少しずつでもバランスよく口に出来たらOK。そして毎日欠かさず食べてもらいましょう。

難しく考えず、主食・主菜・副菜(汁)が揃っていれば大丈夫。家族みんなでしっかり朝ごはんを食べる習慣をつけましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ