子供でもできる!水道代を効率よく節約する方法とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-14_20-2-22_No-00

水道代の節約は、使用量によって難易度が変わります。1人暮らしと4人家族では使用状況が異なるので、それに合わせた方法を用いるのが効率が良いです。

では、どういった方法が効率よく節約できるのでしょうか?

 

水道代の節約はお風呂よりシャワーがオススメ

SnapCrab_NoName_2014-11-14_20-3-17_No-00

1人暮らしであれば湯船にお湯を張るよりも、シャワーを10分使うほうが水道代は安いです。

しかし、これが3人家族になると1人10分シャワーを使うよりも、お風呂にお湯を入れたほうが安上がりになります。使用する人数が多ければ、それだけシャワーのほうが料金が上がってしまうのです。

節約をしたいのであれば、自宅が何人居住しているのかにより使い分けるようにしましょう。

 

お風呂の残り湯を再利用する方法

SnapCrab_NoName_2014-11-14_20-2-9_No-00

洗濯をする場合には、お風呂の残り湯を使うのが効果的です。お風呂のお湯は、1回使ったらすぐに捨ててしまう家庭も多いもの。

かなりもったいない部分になるので、ここを上手に使えばより水道代を節約できます。洗濯も、ほぼ毎日回す場合が多いので出費としてはデカイです。

そのため、この部分をカットする目的でお風呂の残り湯を使い、効率化を図るのです。製品により料金は異なりますが、1回の洗濯で20円の水道代が発生するので、そこを0円にできるので、節約には欠かせません。

お風呂のお湯を洗濯機に移す専用のポンプが市販されています。この時に発生する電気代は1円もかからないので、経済的です。

 

子供と一緒にできる水道代の節約方法

SnapCrab_NoName_2014-11-14_20-1-54_No-00

水道代は、ちょっとした行動の改めにより安く抑えられます。

たとえば、歯磨きをしている間に水を出しっぱなしにしているならば、それを止めるだけで効果があります。1回で数円程度かもしれませんが、1ヶ月で考えると100円ぐらい変わってくるのでバカにできません。

また、無駄にしがちなのが料理中です。洗い物をしている時や、食材を切るときなどに、水を出しっぱなしにしていませんか?この行動を改めるだけでも、トータルで考えれば大きな無駄を無くすことに繋がります。

その他にも、子供の手洗いや洗顔などでも同様のことが言えます。小まめにチェックして、その都度注意すれば子供もキチンと理解してくれます。

このように、水道代は毎日の行動を少し改めるだけで節約に繋がります。何も難しいことではありませんし、自分のペースで始められます。

苦労を伴う節約は長続きしませんが、水道代に関しては慣れてしまえば大変な内容は一つもありません。非常にやりやすいのが特徴なのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ