暖房費が高い…節約して電気代を抑える方法

SnapCrab_NoName_2014-11-14_21-38-10_No-00

冬は暖房にかかる電気代が心配になる時期。上手に節約する方法を知っておくことは、生活を楽にする意味でも重要です。

では、どんな方法が効率的なのでしょうか?

 

実は冷房よりも暖房費のほうが高い

SnapCrab_NoName_2014-11-14_21-38-42_No-00

暖房で大活躍するのが、エアコンです。夏場は涼しい空気を、冬は暖かい空気を部屋全体に届けてくれるので現代社会において欠かせないアイテムです。

同じ機械を使っているのですが、冷房と暖房では電気代に大きな違いが生じます。同じ頻度で使うと圧倒的に冬場のほうが料金が上がってしまうのですが、何故このような変化が出てくるのでしょうか?

エアコンは外気と室内の気温差によって、消費電力に差が出てきます。夏場は、外気が35度で室内を28℃と設定する場合は、7℃の差になるのであまり電力を使いません。

冬場は外気が0度で室内を25℃とすると、大きな差が出るのでそれだけ電気代が高くなるのです。

 

自動運転は電気代を抑える方法の一つ

SnapCrab_NoName_2014-11-14_21-43-0_No-00

暖房のほうが電気代がより発生するしくみが分かりました。ではどうすれば節約が可能になるのでしょうか?

まず一番簡単にできるのが「自動運転に切り替える」ことです。弱や中といった一定の強さにしておくと、室内温度などをとくに考慮せずに常に一定の風を送ります。

これでは、無駄な時間帯も発生するので、無駄使いの原因になります。そこで、「自動運転」を上手に利用して無駄な時間を発生させない工夫が必要です。

自動運転は最初は一気に強く風を送り出して、室温を上げてしまいます。それから蛇行運転のような感じになるのですが、こちらのほうが電気代はかかりません。自動運転を上手く活用しましょう。

 

外の冷気が室内に入らないようにする

SnapCrab_NoName_2014-11-14_21-39-45_No-00

室内の温度が下がると、設定温度にしようとエアコンが反応し、多くの電力を消費します。これでは節約できないので、室内の温度を下げにくくする工夫が求められます。

そこで使われるのが、カーテンやブラインドです。市販では隙間テープが販売され、窓の隙間から入る冷気をシャットダウンできるスグレモノが販売されてもいます。

こういったものを使えば、室内の熱を外に逃がさない役割も期待できるので、一石二鳥です。天候が悪く、日中も電気が必要な日はブラインドで室温を逃がさないように工夫をします。

さらに冬は厚めのカーテンに変えるなど上手に使い分けるのもコツです!

 

扇風機で節約する

SnapCrab_NoName_2014-11-14_21-37-58_No-00

暖房の電気代を節約したいならば、扇風機を使うのもポイントです。

暖かい空気は上のほうに溜まりやすいので、扇風機をあてることで空気の循環を促してくれますので、すぐに部屋全体を暖める効果が期待されるのです。

暖房の節約は、ちょっとした工夫で簡単に効果が期待できます。電気代が高い冬場を乗り切るには、上記で紹介したような知識を活用すれば効率的ですよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ