4人家族の食費を簡単に抑える方法とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-46-30_No-00

大人2人、子供2人で4人家族が、日本において一般的な家庭として扱われます。食費や光熱費などを統計的に概算する場合には、このサンプルを用いて算出されるほどです。

さて、4人家族ともなれば、食費は一気に増えていきます。子供の年齢にもよりますが、家計を圧迫していることは間違いありません。

ではどうすれば、食費を低く抑えることができるのでしょうか?その簡単な方法をご紹介します。

 

4人家族の食費の平均は6万円

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-38-24_No-00

食費を抑えるためには、現在どの程度出費しているのかを把握しなければいけません。どんぶり勘定で考えると、1人あたり5千円ほどの誤差がでると言われているので、4人で2万円ほど差が出てきます。

これでは節約を考えることはできません。正確な出費を知らなければ意味がありませんので、ノートや家計簿に買い物に行く都度記述するようにします。

我が家が食費でいくら使っているのか。そこを知るために開発されたスマホ用アプリなどもあります。手段は揃っていますから、是非活用して現状把握をしましょう。

4人家族の食費の平均は6万円と言われています。それと我が家を照らし合わせ、どこまでズレているかを認識します。

もしくは、月5万円と設定するならば、それが可能なのかを考えます。普段の食事で料理が余っている場合が多いか、金額の高い食材を使うクセがあるなどしたら、節約できる可能性は十分にあります。

しかし、今現在でそういった部分はカットしているのであれば、厳しい数字設定になっている可能性がありますので、見直しを考える必要があります。

このように現状を知れば、そこからいくらか応用ができるので道も広がります。

 

食費を抑える方法は毎日買い物をする

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-46-59_No-00

スーパーへの買い物を毎日行くのは面倒と感じるでしょう。ですが、食費を抑えるには、できるだけ毎日買い物に行くのが節約には丁度良いのです。

ですが、それには行く前に必要な食材をメモし、それ以外は絶対に買わないとこを胸に誓いながら進みます。それをしないで無計画にスーパーに行けば、無駄な買い物をする可能性があります。

すると毎日行くことは、大きな無駄になる可能性があるので気をつけてください。

その日に使うものを、その日に買うサイクルを繰り返すことができれば、いざ外食になった場合に食材のことを気にしなくても良いです。すぐに使わなきゃいけないものは、廃棄になる可能性もあります。

これでは買うだけ無駄になりますので、買い物は毎日行うようにしましょう。

 

食費を抑えても栄養バランスは忘れずに!

SnapCrab_NoName_2014-11-17_11-47-31_No-00

4人家族の食費を低く抑えようとすると、質素な食事になる可能性があります。たまになら良いかもしれませんが、それがほぼ毎日続くようでは、その方法は間違っています。

いくら節約と考えても、栄養の事を考えない方法は意味が無いのです。

最低限の栄養価を持つ食事を作れる範囲での、節約を心がけることが重要です。最近は、ネット上で激安メニューで栄養価が高い料理などのレシピが、無料で閲覧できるようになっています。

こうした情報を駆使して、4人家族でも健康的に暮らせる方法を見つけてみましょう。これができれば、出費をぐっと抑えることができるので、他の用途に使えますよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ