シンクにこびり付いた頑固な汚れ、ピカピカにする掃除方法

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-1-18_No-00

シンクは料理をする人ならば毎日のようにお世話になりますね。水や食べ物の汚れ、そして油など様々なものが流れる場所ですので、汚れやすくなります。

そんなシンクですが、ちょっとしたコツで簡単に掃除ができてキレイに出来てしまうのです。その方法とは一体どういったものなのでしょうか?

 

シンクが汚れる2つの原因

SnapCrab_NoName_2014-12-6_9-59-4_No-00

シンクに白い跡のようなものが、こびり付いている場合がありますね。汚れの中でも一番多いと言われていますが、これは水垢が原因になります。

毎日の食器洗い時の最後に、スポンジなどでチョイチョイ洗う人は多いのではないでしょうか。そこまでは出来ていても、最後に乾拭きをしていない人はいるかもしれません。

乾拭きをしなければ、水垢が残ってしまうので白い汚れとしてシンクに残ってしまいます。未然に防いでおけば、目立ちはしませんが中々乾拭きまではできませんよね。

水垢が白くなるのは、水道水に含まれるミネラルが関係しています。もしくは、石鹸カスが固まったものになります。

小まめに掃除をしていれば、落とすのは容易ですが、他の物質とくっつきやすい性質を持っているので、日時が経過すると取るのが大変になります。

できれば早めに取り除いておきたいものです。

 

ガンコな水垢にはクエン酸が有効的

SnapCrab_NoName_2014-12-6_9-59-38_No-00

シンクが汚れるほとんどの原因である、水垢がガンコになって中々落ちなくなった場合の、掃除方法について紹介していきます。

この場合は、スポンジにクエン酸をつけて汚れている部分を拭いていきます。それだけでもほとんどの水垢を落とすだけの効果を持っているのですが、それでも落ちない場合は、お酢かクエン酸を水で溶かした溶液を作成します。

溶液を水垢に塗り、ペーパータオルで2時間ほど押さえておきます。そしてスポンジなどで擦るときれいに落ちます。ガンコな場合には溶液を作成してやってみてください。

 

排水口のヌメリを取る方法

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-0-12_No-00

ではシンクと一緒になっていることが多い、排水口の掃除方法を紹介します。排水口はゴミや食べカス、油などが混じるのでヌメヌメしやすいのが特徴です。

そのヌメリをキレイにするには、重曹やクリームクレンザーなどの研磨作用があるものを使って掃除をすると効果的です。これらを排水口の受けにかけて、古い歯ブラシを使ってゴシゴシこするとヌメリは落ちます。

シンクの汚れで目立つのは水垢です。クエン酸を使えば簡単に掃除できますので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ