これで安心!犬の正しい耳掃除方法

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-40-9_No-00

ペットが大切な家族だという家庭も多いでしょう。

そんなペットの中でも人気が高い犬、耳の中が比較的汚れやすいことをご存知でしたか?ずっと垢を放置しておくと、外耳炎になり抗生物質を飲ませなくてはいけなくなります。

そうならない為にも、自宅で適切な方法で耳掃除をしてあげましょう。犬の耳のことを知っておけば、自宅でも十分にケアができるんですよ。

 

犬の耳掃除は専用アイテムを使う

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-39-36_No-00

まず、犬の耳は人間に比べてかなり刺激に弱いです。そのため、自分と同じ間隔で扱うと、すぐに傷付いてしまい外耳炎予備軍になるので注意をしてください。

そのため、綿棒を使って擦っただけでもアウトです!間違ってもコリコリしないでくださいね。それだけ弱い皮膚を持っているというのを理解してあげてください。コットンを使ってもダメですし、ティッシュはもってのほかです。

一番良いのが、市販されている犬専用のカット綿とオーツクリーナーと呼ばれる掃除用液体です。綿にクリーナーを数滴垂らして、耳垢のところに綿をおさえます。すると簡単に垢が浮くので、取り除いてあげましょう。

これは耳介と呼ばれる犬の耳の一番外側の垢を取る方法です。ここも弱いので綿棒などを使用しないようにしましょうね。

 

耳の中をさらにキレイに掃除する方法は?

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-38-7_No-00

では次に犬の内部による耳掃除の方法を説明していきます。ここで必要になるのは、前項でも使った「専用綿」と「オーツクリーナー」です。

耳の中を掃除する簡単な方法は、オーツクリーナーを直接中に入れてしまいましょう。すると犬が驚いて顔をブルブルと振るわせて中に入った液体を取ろうとします。

実はこれを狙っており、ブルブルすると中の垢がオーツクリーナーによって一緒に飛び出してきます。周囲に飛び散ったものは専用綿を使って取り除きます。オーツクリーナーは耳の中に入っても無害な仕組みになっているので、心配する必要はありません。

 

シーズーなど脂が多い犬種は注意

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-38-54_No-00

犬の耳掃除は上記の方法を参考にすれば、定期掃除は完了です。ですが、犬種によっては耳から脂が多く出てしまい、すぐに耳垢や炎症を起こしてしまう場合もあります。

シーズーやダックスフンドなどその部類に入るのですが、苦労している飼い主さんも多いのではないでしょうか?

実は、脂が多い犬種に関しては、上記の方法では少し足りず、違うアイテムを使用します。

脂が多い犬種の場合は、オーツクリーナーではなく「エピオティック」と呼ばれる耳垢掃除専用の液体を用います。もちろんアルコールなどは入っていないので優しいです。

方法は前項の方法と同じなので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ