意外と知られていない!畳の正しい掃除方法とお手入れ方法

SnapCrab_NoName_2014-12-6_11-2-4_No-00

昔ながらの家などでは、まだ畳を使用している部屋などがあります。最近は、洋風な家具が似合うフローリングになりつつありますが、それでも日本の伝統的な畳は気持ちが落ち着くものです。

しかしながら、意外と畳の正しい掃除方法は知られておらず、傷めてしまうやり方をしている家庭が多いようです。では、どんな方法が正しいのでしょうか?

 

畳の掃除方法が正しくないとゴミは残ったまま

SnapCrab_NoName_2014-12-6_10-59-34_No-00

畳掃除の基本は、「目に沿う」ことです。畳は独特なものであり、目に沿って隙間が出来ています。そこにゴミやホコリ、さらにはダニなどが入り込んでいます。そこを重点的にキレイにしていく必要があります。

そして目に沿わないで、適当に掃除機をかけてしまうと傷めてしまい、そこに小さな穴が出来るのでダニが全体的に潜むようになります。

傷めると取り替えないといけない年数が縮まるので、掃除をする場合には必ず「目に沿って」を心がけてください。

 

畳のお手入れは自分でするのが一番

SnapCrab_NoName_2014-12-6_11-0-37_No-00

この目に沿うという方法ですが、自動で掃除をしてくれるロボットには、まだまだ難しい要望です。手間かもしれませんが、畳を掃除する場合には、人の手で行うのがベストでしょう。

一番気軽にできるのが、やはり掃除機ですね。機種によっては「畳モード」というものが付いており、目に沿って強弱をつけてゴミを吸い取ってくれるようになります。そして、畳の場合はゆっくりとかけていきます。

ダニが繊維に絡み付いている可能性があり、素早くしてしまうと取り逃す恐れがあるからです。さらに、素早く力強く押し付けると、これも畳を傷める原因になりますので、ゆっくりと丁寧にかけていきましょう。

最近はフローリングモップというものを使っても、気軽にキレイにできるようになりました。専用のシートが市販されており、ドライタイプを使って拭いていきます。

畳は、湿気を一番嫌います。そのため乾拭きが基本となりますので覚えておきましょう。

 

湿気を中から取り払うには?

SnapCrab_NoName_2014-12-6_11-1-47_No-00

半年に1回は、大掃除として畳を上げてキレイにするのが理想です。住み着いたダニやホコリ、そして一番嫌いな湿気などを除去する効果があり、長持ちする秘訣でもあります。

そして、上げた畳は天日干しをしてダニを退治してあげます。あまりにも長時間あてすぎると、日焼けしてしまうので1時間ぐらいがベストだとも言われています。夏場は、もっと短くても大丈夫です。

半年に1回の掃除の際は、素人では難しいと感じる人もいるかもしれません。そんな時は専門業者に依頼するというのも一つの手かもしれません。

畳は独特な手法で作られていますので、お手入れ方法なども繊細なものです。

長く使えば100年以上は持つと言われていますから、その技法をプロから教わって日常的な掃除に役立てるようにすれば、気持ちよく使用できますよ。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ