くもりと汚れがひどい鏡でも、キレイに掃除する方法

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-2-48_No-00

浴室や洗面所など、水を使う場所に鏡は多く配置してあります。水垢や手垢などですぐに汚れてしまい困りますよね。

最初はすぐに拭き取ればキレイな状態をキープできるのですが、後々になって気付くと拭いても中々取れずに苦戦してしまいます・・・。

しかし、意外にも簡単な方法で鏡をキレイに掃除できるというのです。一体その方法とはどういったものなのでしょうか?

 

鏡の簡単な掃除方法は新聞紙で拭く!

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-3-38_No-00

まずは、水垢が比較的軽い初期段階における対処法を見ていきます。

手垢や水垢が軽い状態であれば、新聞紙を水に濡らして拭き掃除をしていきます。これだけでも初期では比較的簡単に取り除くことができるので効果的です。

それだけでは心配だという人は、重曹をペーパーなどに浸して、鏡に貼り付けます。そして数時間放置をしてから、新聞紙で掃除をすると意外とキレイに拭き取れるのです。

洗面台や浴室など水を使っても大丈夫な場所にある鏡であれば、新聞紙で拭きとった後は必ず水洗いをします。そして乾いたタオルで拭き残しが無いようにしっかりと拭き上げましょう。残しがあると、水垢の発生原因になります・・・。

 

水垢は酸性洗剤を使うとキレイになる

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-4-48_No-00

次に初期の状態ではなくなり、少々ガンコになった時の対処法について見ていきます。基本的にお風呂場に鏡が置いてある場合には、毎日湿気ムンムンの中で放置されているので、水垢がヒドイ場合がほとんどです。

毎日小まめに掃除をしていれば、そこまで悪化はしませんが、中々鏡の掃除まで手が行き届かないのが現状ですよね。そこでお風呂の場合は酸性の洗剤を用います。

水垢は酸性に弱く、すぐに?がれてしまいますのでその性質を利用する訳です。スポンジに酸性洗剤を適量たらして、隅々まで拭いていきます。

途中で何度か水で洗い流して全体を確認しながら、作業を行っていきましょう。新聞紙などでの吹き上げよりも、かなりキレイにピカピカしているのが実感できるハズです。

 

ガンコな汚れにはスケール除去剤を!

SnapCrab_NoName_2014-12-9_11-5-18_No-00

酸性洗剤を使っても落ちない最強クラスの水垢には「スケール除去剤」というものを使います。これは掃除コーナーで市販されているもので十分使えますよ。

カルシウムの成分までを溶かしてくれるので、根本から解決させてくれる画期的なアイテムです。使い方は簡単で、スポンジに垂らしてあとは拭くだけです。水洗いをしたら、乾拭きをしてくださいね。

すると新品同様のピカピカした状態に復活できるのです。

このように鏡の掃除は汚れのしつこさ具合に応じて3段階に分かれています。大体は初期から中期程度ですので、新聞紙や酸性洗剤で十分効果が現れるようです。

汚れ具合に応じて上手に掃除方法を使い分けてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ