トイレ掃除をしても消えない臭いの原因や対策について


SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-0-39_No-00

トイレを毎日しっかりと掃除をしているのに、何故か臭いと気になっている人は多いものです。芳香剤を使用しているのに、効き目があるのは買って数日ぐらいなもの。

キレイに心がけているのに、臭いだけはどうも消えてくれない。実はそこには根本的な要因があります。

 

トイレが臭い原因は飛び散った尿

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-1-8_No-00

トイレが臭い主な原因は、尿の飛び散りなどによって雑菌が繁殖して、時間の経過と共にアンモニア臭を放つところにあります。目には見えにくいですが、尿は意外なところまでも飛散すると考えられています。

掃除をしっかりとしていても、一部だけでも残れば、鼻を突くような異臭を放つのでタチが悪いのです。この尿の飛散部分まできれいに掃除をしていないというのが、異臭の原因だというのが一般的な考えになっています。

気になる人は、尿が飛び散りやすい場所を把握し、その部分の掃除を徹底させるようにします。洋式で男性が立ちながら、水が溜まっている場所に尿をしたとします。

すると尿がその水に勢いよく当たりますから、飛散して便座周囲の壁に飛びつきます。そのため、掃除をする場合には便座の座る場所の両左右の壁と床、さらには便座の前側になります。

最近は市販で壁も便座も一緒に拭けるシートが販売されています。最後は便器に入れて流すだけという簡単お手軽なものです。こういったものを使えば、簡単にお手入れができ、異臭も無くなるでしょう。

 

トイレの悪臭対策方法は隅々まで掃除する

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-0-27_No-00

実は、トイレが臭くなる原因は尿の飛散だけではないのです。

一見綺麗に掃除をしていると思われている便座やフタですが、意外と隅々の部分は綺麗にいていない家庭が多いものです。ここにも当然雑菌が多く繁殖していますから、悪臭を放つ原因になっていることは間違いありません。

そのため、掃除をする場合には便座の隅や端も専用シートや使い終わった歯ブラシなどを使って細かくキレイにしていきましょう。できれば毎日が望ましいですが、隅々までキレイにするのは難しいので、1週間に1度は取り組みましょう。

これだけでも、異臭をだいぶ抑えられます。

トイレが臭い原因は、掃除を完璧にしていると思っても、どこかに見逃し部分があるというのが大きいと考えられます。もちろん個室なのか少し広い空間があるのかなどによっても程度の差はあるので、一概には言えませんけど。

こうした場合は、掃除をするポイントを今回は示しているので、そこを重点的にキレイにしていきましょう。すると、気になる臭いがしなくなるのです。

いつでも快適空間ができるかどうかは、掃除方法にヒントが隠されているのです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ