家中をピカピカに!重曹とクエン酸を使った掃除活用法

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-18-4_No-00

重曹やクエン酸は、一見あまり家庭では使う場面は無さそうに感じますよね。ですが、そえは大きな間違いで、主に「掃除」に関してはこの2つで大抵の汚れは落とせるとまで言われているのです。

どちらも、使うべき場所というのが違ってきますので、その用途についてと、注意点も含めて紹介します。

 

ガンコな油汚れを掃除するなら重曹を活用する

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-18-29_No-00

まずは、重曹です。ここで用いるのは食用ではなく「工業用」と書かれたものを使用します。

基本的に重曹は弱アルカリの性質を持っており、油汚れや手垢などを落としてくれる作用があります。さらに研磨作用や消臭効果も期待できます。

では実際にどんな場面で役立つかを見ていきましょう。

まずは、油汚れがヒドいガステーブルですね。たとえば五徳は、料理時の油や野菜やお肉などが飛び散った時に焦げ付いてしまったものが付着しているなど、かなりのガンコな汚れになっている場合が多いです。

これをキレイにするというのは難しいように感じますが、研磨作用がある重曹はそうした時に力を発揮します。パウダー状では隅々までかけられないと感じるでしょうから、ペースト状にして吹きかけてあげましょう。

その状態で5分程度置いてから、お湯(40℃ぐらい)でしっかりと洗います。たったこれだけで、ガンコな油汚れなどが簡単に落ちてしまいます。

もし落ちない場合には、使い古した歯ブラシを使ってゴシゴシとこすってみてください。これでほとんどのガンコな汚れでも落ちますよ。

重曹はタイルなどをツルツルにする効果もあります。その力が一番発揮できるのが「お風呂場」です。タイルも浴槽も床も、全て重曹だけでOKです!

便利な重曹ですが、注意点があります。それはアルミ製品には使用しないことです。使うと黒く変色してしまうので、アルミ製のキッチンの場合は使わないようにしましょう。

 

水垢や除菌はクエン酸を活用する

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-19-33_No-00

続いてクエン酸についてです。クエン酸は、酸性の働きをしてくれますので、ガンコな水垢や石鹸垢などを落としてくれます。そして除菌効果もありますので、そうした面での使い道も多いようです。

クエン酸も食用と工業用がありますので、掃除で使用する場合には値段が安価な工業用を用いましょう。食品売り場ではなく、掃除用品が売られている場所にいけば購入できるでしょう。

一番威力が発揮できるのが、蛇口周りの水垢や、排水溝における除菌などです。また鏡に付いている手垢などにも効果的です。

蛇口周りの水垢は、使い古した歯ブラシを使います。クエン酸を付けてゴシゴシと擦ります。ガンコな汚れもたったこれだけの方法で簡単キレイに落としてくれます。

そして、浴室や洗面台の鏡につく水垢に対しても、タオルに付けて拭けばピカピカにしてくれます。また、排水溝には様々な臭いが付いていますが、振りかけて10分ぐらい放置しておけば、除菌効果でイヤな臭いも防いでくれます。

重曹とクエン酸は、使い方を知っておくと掃除がとても楽になります。「工業用」でしたら、安価で購入できますので参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ