コンロにこびりついた汚れをピカピカに掃除する方法

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-36-41_No-00

料理に欠かせないコンロ。子供がいる家庭では毎日のように使っているのではないでしょうか?それだけに油汚れや、食材が焦げてしまったものなど、コンロには色々な汚れが付いています。

掃除するとなると、色々と大変なところもあり、正直面倒ですよね。しかし、しっかりと方法を知っておくと、意外にも面倒ではなくパパっとキレイに出来てしまうものなのです。

 

コンロの五徳のこびりついた汚れには重曹を使おう

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-35-32_No-00

コンロと言っても、魚を焼くグリルもあればバーナー部分もありますし、五徳もあります。それぞれの方法について簡単にですが掃除方法を見ていきます。まずは汚れやすく掃除が面倒と思われがちな五徳からです。

五徳というのは、鍋やフライパンなどを置く台のところですね。調理で重要な役割を果たすのですが、下からは火が、上からは鍋などの焦げたものが付着するので、結構汚れやすいです。

あまりキレイにしておかないと、汚れがガンコになり中々取れなくなってしまいます。五徳の汚れをきれいにするには重曹が約に立ちます。

40℃ぐらいのお湯に重曹を溶かして、しばらくつけおきします。その後、使い終わった歯ブラシで軽くゴシゴシとこすってあげ、最後に水洗いをしてください。これだけでほとんどの汚れはサッパリと落ちているでしょう。

 

デリケートなので柔らかい布で掃除する

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-34-59_No-00

次にコンロの心臓とも言えるバーナー部分の掃除になります。毎日料理をしてれば、この部分にも食材などが知らない間に飛び散りコゲ付いている場合が多いでしょう。

ここは、歯ブラシや針金などを使って目詰まりを取り除いていきます。表面に関しては、中性洗剤を垂らした柔らかい布を用意して汚れをふき取ってあげましょう。

温度センサーの部分は、柔らかい布を水に浸し、それを固く絞ります。その布で頭部と側部を拭いてあげましょう。少しデリケートな部分なので、あまり力強く拭かないように注意してくださいね。

 

グリル内もピカピカに掃除しよう

SnapCrab_NoName_2014-12-10_11-35-55_No-00

最後は主に魚を焼くグリル庫内の掃除方法です。油が飛んだりして、意外と汚くなってしまう部分です。しかし目に見えていない場所なのでちょっと掃除が行き届かない所でもあります。

この場所は水に薄めた台所用洗剤をスポンジに含ませます。そして泡立てた後にグリル庫内の側面や底面を湿らせてもらい、しばらく放置します。すると汚れが浮いてきますので、そこを柔らかいスポンジで拭き取ります。

庫内はこれで完了ですが、汚れが一番ヒドイのがグリル皿ですね。コンロの中でも一番汚い部分になりますので、ここは少し骨が折れると思われるかもしれません。

ですが、台所洗剤をまんべんなくかけて、5分ほど放置してください。すると汚い部分が面白いように浮いてきますので、あとはスポンジでゴシゴシと擦ればきれいになっていますよ。

グリル網の部分も、グリル皿と同じように、洗剤をまんべんなくかけて5分ほど放置した後に、しっかりと水洗いをしてください。網の部分は歯ブラシを使って擦ればきれいに落とせます。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ