相手を傷つけない!しつこい勧誘の上手な断り方

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-26-31_No-00

最近は少なくなりましたが、勧誘は本当にしつこいですよね。気が弱い人は断るのも何だか面倒ですし、難しいと感じる場合もあります。

ですが、勧誘は何も相手にする必要はありません。上手にかわせる断り方というものがありますので、それを是非参考にしてみてください。

 

勧誘を断る時は自分の意志を強く持つ

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-26-12_No-00

ところで、勧誘をする人はここ10年で激減したという情報もあります。以前は、布団やら調理器具などを販売するという目的で勧誘・セールスをしてきた人が多くいました。

ですが、ネットで販売ができるようになってからは、どんどん数が少なくなったようです。それでも少数程度であれば、まだまだセールスは訪れるので、しっかりと断るようにしましょう。

一番大切なのは「要らない」という意志を見せることです。「結構です!」と強く否定をして、それ以上話をしなければ問題はありません。普段とは違う流れというものを、そこで感じ取らせてあげれば、セールスもすぐに諦めるでしょう。

 

必要ないときはハッキリと断る

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-25-47_No-00

訪問販売の場合には、インターホン越しで「忙しいので」というのも使えます。何に対して忙しいのかは本人次第ですから、どうとでも言えるワケです。しつこい場合でも「本当に忙しいんです!」と言って、話を終らせましょう。

訪問勧誘で一番多いのが「新聞」ではないでしょうか?契約をしている場合には、「もう契約しているんで」という断り方ができますが、何も契約していない場合には「要りません」とハッキリと言うというのがセオリーとなっております。

 

宗教の勧誘の方が一発で帰る断り方

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-33-21_No-00

勧誘というものの中で、一番しつこいのが「宗教」ですね。日本は自由に宗教を選ぶことができるので、かなり多くの宗教団体が日本には存在しており、それぞれが活動しています。

宗教での勧誘はお金目的だという指摘もありますが、全部がそうではありません。「神の名の下で、多くの人に喜びを伝えたい」という切なる思いから行動している人が多いです。

そのため、勧誘に積極的な人は多いようで、それはそれで断るのも大変な一因となってはいるわけです。では、宗教のように勧誘に積極的な人へ対する上手の断り方とはどういったものになるのでしょうか?

一番簡単なのが「他の宗教に入っている」という返答です。これだけで、ほぼ100%の人は諦めて終ります。恐らくそう言われるということは、「入るつもりはない」という意思表示だと、経験上判断しているのでしょう。

セールスや勧誘は、いつの時代にも少なからず存在するものです。気が弱い人は、どうすれば良いのか断り方が難しい部分もありますよね。

上記の例を参考にすれば、意外と断るのは簡単だというのが分かるでしょう。必要ない勧誘は意志を強く持って断りましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ