誰でも出来る!掃除のやる気を最大限まで引き起こす意外な方法

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-36-43_No-00

毎日の掃除は面倒ですよね。出来れば汚れてからまとめてやりたいのですが、家族を持つとやはりそうはいきません。重い腰を上げて取り組むには、あまりにもエネルギーを必要とするので、モチベーションは下がる一方・・・。

中々やる気が出ない掃除ですが、どうすればモチベーションを上げて取り組めるようになるのでしょうか?そこが分かれば日々の暮らしも少し変わってくるのではないかと想像できますね。

 

やる気を引き起こす方法は掃除する箇所を減らす

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-37-47_No-00

そもそも、何故掃除は面倒と感じてしまうのでしょうか?

「掃除機をかけて、拭き掃除をして」とやることが一杯あるというのがひとつの理由になりそうですよね。確かに掃除って、掃除機でホコリを吸い取れば終わりという訳ではありませんよね。

ゴミが出るのでその処理や、床を拭いたり、布団をキレイにしたりと色々とやらなければならないことがたくさん出てきます。ここがやる気を削ぐ最大のポイントになっていると考えられます。

そこでやる気を上げるには「1回の掃除を短時間」に処理するのがポイントです。つまり、あまりエネルギーを必要とせず負担に感じさせないように行っていくのです。

これは家の間取りや部屋の広さなどにもよって、流れなどは変わりますので注意してください。

まず、自分の家で一番汚れやすい部分を特定します。そういった場所は、衛生を保つためにも毎日キレイに掃除をする必要があるので最初に特定をしておきます。

次に1日は間隔を空けても良さそうだと思われる場所を見つけます。寝室や浴槽、トイレなど暮らす人数にもよりますが毎日はする必要がないというところを見つける訳です。

そして掃除をするローテーションを組んで、1日で行う量を減らしていくのです。これは「サイクル効果」と呼ばれており、主婦の1日の負担を減らすために考え出されている、実績のある方法です。

やる気アップに繋がりますので、参考にしてみてください。

 

溜め込むとやる気もなくなる!

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-38-17_No-00

掃除のやる気をアップさせるには「掃除そのものを楽しいと考える」や「終った時の達成感やキレイになった部屋をイメージする」といった方法も紹介されています。

ですが、これらはやや無理があるようにも感じられますよね。そもそも、楽しいとイメージできるのであれば好きな部類に入るので、面倒と感じることなく出来てしまいます。

つまり、上記のように考えられたら誰も苦労はしないわけです。イメージするのも面倒なほどキライだから悩んでいる人が多いでしょう。

そのため、やる気をアップさせるには違う見方が必要です。前項では1回にかかる手間や時間を極力省いて面倒という気持ちを削ぐという方法でした。

ここでも少し被るのですが、違う見方として「部屋をできるだけ汚さない」という部分に着目してみます。

掃除する量が多いからやる気が無くなりモチベーションが下がると考えられるので、ここを省略するには部屋そのものをあまり汚さないようにすれば良いのです。

すると、1回にかかる時間なども短縮できますので、エネルギーをそこまで消費しないで済みますので、やる気も上がってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ