NHKの受信契約を上手に断る方法!簡単で確実な断り方とは?

SnapCrab_NoName_2014-12-12_14-29-0_No-00

NHKの支払は国民の義務だという解釈が放送法によって捉えられます。しかし、世帯によってはテレビが無かったり、壊れていたりと状況は様々ですから、支払っていないとしても法的な手段というのは曖昧です。

そして、NHKの受信契約の人は結構ネバリ強く引かないことでも有名ですから、困ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこでまずは、適切な断り方を知っておきましょう。そうすれば、相手は何もすることができないのですぐに退散するしかありません。

 

NHKを確実に断るためにはドアを開けない

SnapCrab_NoName_2014-12-12_13-33-21_No-00

NHKの断り方として一番ベストな方法は「インターホン越し」にやり取りをするという方法です。一旦ドアを開けてしまうと、そのままズルズルと長い時間話を聞かされてしまう恐れがあります。

それならまだマシですが、契約をして支払をしなければならない状況にすら陥る可能性があるのです。こうならないためにも、まずはインターホン越しで話をするというクセを身につけておきましょう。

そして「忙しいから!」という理由で断ってしまえば、相手は何もすることができません。インターホン越しで、「忙しいから」と告げる断り方が一番ベストで、スマートに物事が解決するということです。

 

テレビが壊れたとウソをつく

SnapCrab_NoName_2014-12-15_14-28-16_No-00

法律によって、集金人が家の中に上がることは禁止されています。ましてや、公共放送であるNHKの職員がそんなことをしていては、信用問題に関るのでかなり厳しく教育されています。

そのため、断り方でインパクトを残せる方法があります。それが「テレビが壊れた」と告げるやり方です。

ウソになるかもしれませんが、相手はそれを知る手段がありません。そして、本当に壊れている場合もありますよね。そのため断り方として「テレビが壊れていて放置している」というのが手っ取り早いでしょう。

 

正直にお金が無いと伝えて断る

SnapCrab_NoName_2014-12-6_11-8-41_No-00

NHKの受信料はそこまで高い料金ではありません。地上契約で1ヶ月におよそ1400円ぐらい、年契約ですと単純12ヶ月分の7%割引といったところです。

しかし、丁度その時に限って持ち合わせが無いということもあり得るでしょう。そこで断り方として「お金が無い」というのをはっきりと伝えるというのも手です。

集金人はお金が無い人に、契約を迫ったり支払を強要したりするのは出来ませんので、「後日に改めて」という形で退散してくれます。そして、後日に来たら今度は「忙しいから、また後で」と言う風に延々断り続るという方法もあります。

ウソを言うのが嫌な人は、こういった断り方を参考にしてみるのも良いかもしれません。後日と言っても、相手も忙しいですので、その後はかなりの期間を置いてくるというのが一般的です。きてもどうにか断って凌ぎましょう。

このようにNHKの受信料の断り方は色々あります。受信契約を結ばなければ支払義務は発生しませんので、何も恐れることはありません。

契約する意志が無いならば、それを明確に伝えるという方法を取り、相手にしないのが一番ですよ。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ