生活や暮らしの情報

これなら簡単・確実!NHKの受信契約を上手に断る方法とは?

投稿日:

これなら簡単・確実!NHKの受信契約を上手に断る方法とは?

放送法の取り決めによって、NHKの受信料を支払うのは国民の義務だと捉えられています。

しかし、世帯によってはテレビが無かったり、壊れていたりと状況はさまざま。

支払っていないとしても、法的な手段で罰則が生じるかといえばそうではなく、実は曖昧な部分も多いのです。

とはいえ、NHKの集金に来た人は結構粘り強く、簡単に引かないことも多いので困ってしまう人も多いのではないでしょうか?

今回はNHKの受信料支払いに関して、適切な断り方を見ていきましょう。

 

NHKを確実に断るために、◯◯は絶対開けない

これなら簡単・確実!NHKの受信契約を上手に断る方法とは?

NHKの断り方としてベストな方法は「インターホン越し」にやり取りをすること。

ドアを開けてしまうと担当者と顔を合わせて直接話をすることになり、ムリに追い返すわけにはいかなくなりますよね。

そうならないためにも、家のチャイムが鳴ったらすぐにドアを開けるのではなく、まずはインターホンやドア越しに話をする習慣を身に付けておきましょう。

実は「忙しいので今は出られません!」という理由で断ってしまえば、相手は何もすることができません。

余計なトラブルを避けるためにも、インターホン越しで「忙しい」と告げる断り方がスマートな対応とも言えるのです。

 

「テレビが壊れた」「テレビを持っていない」とウソをつく

これなら簡単・確実!NHKの受信契約を上手に断る方法とは?

インターホン越しとはいえ、在宅だとわかってしまったらNHK職員が家に上がりこんでくるのではないかと心配に思う人もいるでしょう。

しかし、ご安心ください。

集金人が強引に家の中へ上がることは、法律で禁止されています。

まして、公共放送であるNHKの職員がそんなことをしていては信用問題に関わるので、そこはかなり厳しく教育されています。

とはいえ、「今忙しくて出られない」と返事をしたらまた後日やってくる可能性がありますよね。

そこで使えるのが「テレビが壊れた」「テレビは持っていない」と告げる方法です。

これはウソになるかもしれませんが、相手はそれを確かめる手段がありません。

そして、本当に壊れている場合もあるでしょう。

「テレビがない」「持っていても使えない」という状況ならNHKの受信料を支払う必要がないので、手っ取り早く諦めてもらえるはずなのでおすすめですよ。

 

「NHKに払う金が無い」と正直に伝えて断る!

これなら簡単・確実!NHKの受信契約を上手に断る方法とは?

NHKの受信料は、決して高すぎる額ではありません。

地上契約で1ヶ月およそ1400円程度。

年契約だと単純に12ヶ月分から7%を割引した額といったところです。

しかし、その時に限って持ち合わせが無いということもあり得るでしょう。

そこで断り方として「お金が無い」というのをはっきりと伝えるというのも手です。

集金人はお金が無い人に契約を迫ったり、支払いを強要したりすることはできません。

つまり「後日改めて」という形で退散してくれます。

そして、後日来たら今度はまた「忙しくて今出られない」と断って延々と対応を遅らせる方法も。

相手も暇ではないので、後日と言ってもある程度の期間を置いてくるのが一般的です。

ウソが苦手な人や嫌な人は、こういった断り方を参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

このように、NHKの受信料の断り方はいろいろあります。

受信契約を結ばなければ支払義務は発生しませんので、何も恐れることはありません。

契約する意志が無いならば、それを明確に伝えるという方法を取り、相手にしないのが一番ですよ。

 

NHKの受信料について考えてみることも大切

これなら簡単・確実!NHKの受信契約を上手に断る方法とは?

今回はNHKの受信契約を断るために使える方法を見てきましたが、これが必ず通用するとは限りません。

そもそもの前提として、テレビを持っていない、観ていないという条件がないと厳しい場合もあります。

それらをきちんと理解した上で「どうしても支払えない!」「絶対にNHKの番組は観ない!」という事情がある人の参考になればと思います。

他にこんな記事も読まれています

-生活や暮らしの情報

Copyright© Nanaコレまとめ - 生活に役立つ情報サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.