引っ越しの挨拶で気をつけたい正しいマナーとは?

SnapCrab_NoName_2014-12-14_12-25-35_No-00

引っ越しって大変ですよね。荷物の準備から、新居を探すところまで全てを行わなければなりません。業者のサービスが良くなったというのが、とても嬉しいですけど。

そんな引っ越しですが、新居の住んでからは近所への挨拶をしなければなりません。最近は、付近住民とのかかわりをほとんど持たない人が増えてきていますが、マナーとして挨拶ぐらいはしないと失礼にあたります。

どんな方法が適切なのかを知っておきましょう。

 

アパートやマンションに引っ越す時のマナー

SnapCrab_NoName_2014-12-14_12-26-12_No-00

引っ越しの挨拶として迷うのが「どこまでを対象にしたら良いのか?」という点です。アパート、マンションなどの集合住宅なのか、それとも一軒家なのかによってその方法は異なってきます。

アパートやマンションだった場合には、両隣と上下の合わせて4世帯を対象にしておけば問題ないでしょう。しかし、これでは多いという人もいるかもしれませんね。そんな場合は上の階は除いた3世帯だけにでも挨拶はしておきましょう。

アパートやマンションでは、両隣や下の階の人に何かと迷惑をかける可能性もあります。防音設備が整っているマンションなどが増えてきたので、あまり心配する必要は無いかもしれませんが、隣に誰が住んでいるのかを知ってもらい、安心感を与えるためにも挨拶は必要です。

 

一軒家のおける挨拶は少し特殊

SnapCrab_NoName_2014-12-14_12-25-51_No-00

では、一軒家の場合にはどのように考えれば良いでしょうか?住宅地のように、家が密集している場合と、地方のように周囲にあまり家が無いという場合に分けて考えることができます。

住宅地のように家が密集している場合は、引っ越しの挨拶はどうすれば良いか難しいところでしょう。この場合は、自分の家の塀と接している付近と、道を挟んだ向い側を対象にすれば問題ありません。

そのため、もし塀と接している家が4つ、道路の向い側に1つあれば、合計で5世帯に対して挨拶を考えれば良いでしょう。

もし、地方の場合には特別なルールがあるかもしれません。たとえば、町内会の会長宅には遠くても挨拶に出向くなどのルールです。そういったものには、しっかりと従い、後は近くにある家ぐらいを考えれば大丈夫です。

 

引っ越しの挨拶で悩むのが渡す物

SnapCrab_NoName_2014-12-14_12-27-1_No-00

さて、引っ越しの挨拶で次に疑問なのが「何を渡せば良いの?」という点ですね。ギフトのようなものは変ですし、カタログを渡すのもちょっと重いような雰囲気がしてきます。

引っ越しの挨拶で持っていく物は、「高額ではなく、誰でも気軽に使えるもの」を基準に選定してください。答えはありませんし、「こうでなければいけない!」というものもありません。

ですが、せっかくならば受け取った本人が無駄にしないものを選んで渡したほうが、喜ばれるでしょうし顔も覚えてくれるようになります。相手が気を使うような高価な物は、逆に迷惑になるので気をつける必要があります。

一番無難なのが「石鹸や洗剤、タオル」です。食品は好き嫌いがありますし、アレルギーなども心配されます。そこまで相手の情報は分からないと思いますから、無難なものを選択します。

石鹸やタオルなどは、貰っても困るものではありませんよね。洗剤もこだわりが無い人であれば、毎日使うものですから助かる人も多いものです。

挨拶で渡す品は、使用頻度が高く貰っても困らないものを基準にして、あまりこだわらずに決めてみましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ