ワイシャツの黄ばみが取れない!頑固な汚れを簡単に落とす方法

SnapCrab_NoName_2014-11-3_10-6-20_No-00

仕事でも、プライベートにおいても重宝するのがワイシャツですよね。夏場は特に需要が高まるので、着用する頻度も高いのではないでしょうか。

そんなワイシャツですが、皮脂による黄ばみがすぐに襟元についてしまい、気になって仕方がないでしょう。

どうすれば、この厄介な汚れを落とすことができるのでしょうか?

 

黄ばみは酸素系の漂白剤が効果的

SnapCrab_NoName_2014-11-3_10-6-33_No-00

ワイシャツの黄ばみを経験した人なら分かるかもしれませんが、人間の皮脂は簡単に落ちるものではありません。

洗剤を使って洗濯をしたところで、キレイになるかと言われると、完全には落ちないのが現状です。

シャツの繊維にまでびっちりと付着する性質があるので、その部分を浮き上がらせなければ、キレイにさせることはできないのです。そこで用いられるのが「漂白剤」になります。

この漂白剤は先ほどの通り、黄ばみを表面上に浮き上がらせる役割を果たすので、それで洗剤を使って洗濯をすることではじめてよごれを除去できるのです。

そこで漂白剤になるのですが、ひとつだけ注意点があります。塩素系と酸素系のふたつが市販されているのですが、どちらかというと酸素系を使用することが多いかと思います。

今回使用するのも、酸素系を用いますので、その目線でご覧ください。

また、衣服には塩素がダメなものも多いので、使用する場合にはその表示も確かめておくことが必要です。

 

歯ブラシを使ってゴシゴシこする!

SnapCrab_NoName_2014-11-3_10-6-10_No-00

ワイシャツについた黄ばみをキレイにするには、漂白剤をつけただけでは意味がありません。それだけでは完璧に、浮き出ることがありませんので少しだけ手作業が必要になります。

まずは、台所用洗剤を用いて、黄ばみ部分にふりかけます。そして、歯ブラシでこすります。

こうすることによってこびりついているヨゴレを浮き上がらせる効果があるのです。

これができたら洗面台にお湯を張り、そこに漂白剤を入れてワイシャツを入れます。そして20分ほど放置させます。

その後取り出して、通常洗濯をしてもらえば、かなりキレイになっていることが分かるでしょう。

漂白剤だけでもかなりキレイにさせることはできるのですが、ワイシャツの黄ばみは「かなり厄介」なので、歯ブラシを登場させます。ゴシゴシすることでキレイになりますので、このちょっとした手間を惜しむことなく実施させましょう。

文中でも、注意をしておきましたが、塩素系のものは真っ白なシャツにのみ使うようにしてください。

威力は一番強いのですが、ガラ物と一緒にすると色落ちをしてしまいますし、そのほかにも大きな変化が発生する可能性があるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ