香典における正しいマナー《葬儀・お通夜》

SnapCrab_NoName_2014-12-17_19-57-48_No-00

不祝儀(お悔やみ)のマナーは宗教によって大きく異なります。そのため、どの宗派で行われるのかで対応が変わりますので、一番難しいと言えるでしょう。

通夜や葬儀の際に持参する不祝儀のことを「香典」と呼びます。この香典には意外と知られていない常識や、知らないと失礼なマナーなどがありますので、知っておきましょう。

 

香典の表書きにはマナーがある

SnapCrab_NoName_2014-12-17_20-0-17_No-00

香典は線香や花の代わりに死者の霊前に供えるものです。そして、急なご不幸による遺族の出費に対しての助けの意味も含まれています。

香典は、通夜または葬儀の際に持参するのですが、ここでひとつマナーがあります。それは、熨斗袋(のし袋)の表書きです。宗教によって異なり、熨斗袋そのものに関しても扱い方が違ってきます。

もし先方の宗派が不明だった場合には、「御霊前」と書いたものであれば、宗派において用いられないというのがほとんどありません。御霊前という文字は、通夜でも告別式でもどちらにおいても用いられます。

ただ、先方の宗教はできるだけ事前に確認しておきましょう。急な不幸で連絡すら取れない状況であれば、仕方が無いので御霊前ですが、浄土真宗はこの表記は使えませんし、キリスト教の場合は「御花料」などになります。

 

夫婦揃って葬儀・お通夜に出席する場合に注意すること

SnapCrab_NoName_2014-12-17_19-59-0_No-00

香典における熨斗袋の表書には宗派によって様々な対応が必要です。そして、水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用い、その下段にフルネームで会葬者の名前を書きますが、ここにもマナーが隠されているので確認しておきましょう。

本人が会葬に訪れているのであれば、下段には本人の名前をフルネームで書けば問題ありません。もし、夫の代理で妻が会葬する場合には、夫の名前の後に「内」という字を書きます。

その時に、「内」は書き添えるように小さく書きます。そして会葬者名簿にも同じように記しておきましょう。

次に夫婦が揃って出席する場合の書き方です。この場合は、夫のフルネームだけでも良いのですが、夫婦そろって故人と縁があった場合には、連名として出すこともできます。

もし会社を代表して連名をする場合には、一番上の人、あるいは代表となる人の姓を一番右側に書きます。三人の名前を書く場合には、二番目の人の名前が中心に来るようにします。

もし三人以上になる場合には、表書きに「○○一同」というようにします。そして袋の中に、全員の氏名と住所と金額を書いた紙を同封します。

1名あたりの金額が小額の場合には、遺族に配慮する形で「お返し等のお心づかいはなさいませんようお願いもうしあげます」と一筆添えておきましょう。

 

香典を渡すときに知っておきたい基本

SnapCrab_NoName_2014-12-17_19-57-58_No-00

いよいよ香典の渡し方に対するマナーです。

まず受付でお悔やみの言葉を述べるのですが、その時に「このたびはご愁傷様でございます」と述べます。ここで語尾をはっきりと言うのは失礼にあたりますので、消え入りそうな声で語尾を濁らせます。

受付係が記帳を求めてきたら、まずはその記帳をします。記帳を済ませたらふくさから香典を取り出して、先方から見て名前が読めるように、袋の向きを改めて「御霊前にお供えください」と添えて渡します。

この時注意したいのが香典は必ず両手で差出し、一礼して受付の前を去ります。香典に書く「御霊前」や名前ですが、薄墨で書くようにします。涙を連想させるように薄くするというのがマナーですので覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ