ワイシャツの気になる襟汚れ!キレイさっぱり落とす方法

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-57-58_No-00

働くサラリーマンなどは、ワイシャツの襟部分に付くシミが気になって仕方がないという人は多いことでしょう。不潔に思われますし、いくら気をつけていても発生してしまいます。

この襟汚れがキレイに落とせるようになれば嬉しいですよね!それが出来てしまう簡単な方法がありますので、紹介していきます。

 

黄ばみの原因って一体なに?

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-56-35_No-00

ワイシャツの襟よごれの原因となっているのが、黄ばみです。汗なのか皮脂なのかちょっと分かりにくいもの。では、一体この黄ばみは何故発生するのかを知っておきましょう。

ワイシャツの襟や袖口の部分がよごれていくときには、最初は「黄ばみ」という状態になり、それが放置していくと「黒ずみ」になってしまうのです。基本的にはどちらも発生は同じで時間が経過しているかしていないかの違いしかありません。

さて、その黄ばみの原因は、主に人間の皮脂によって出来るよごれという認識が一般的なようです。

そして黒ずみは、皮脂の上にホコリなどがたまっている状態であり、これでは細菌が繁殖する可能性がありますね。

 

まずは襟の黒ずみを落とす

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-57-5_No-00

よごれをおとすには、まずは黒ずみを取り除くことから、スタートさせます。そうしなければ、黄ばみゾーンまでたどり着くことができないので、厄介ですがひとつずつ解決していきます。

さて黒ずみを落とすには、漂白剤が必要ですが、世間には酸素系と塩素系が販売されていますが、次から紹介するものは、酸素系での使用を前提としているので、塩素系では絶対に行わないでください!

塩素系は、漂白力はありますが、柄物などは色も落ちてしまうので、使用できないケースもあります。衣服にはどれを利用したらよいかは書いてあるので、それで確かめるようにしましょう。

では次項からは、実際に落とす方法について紹介していきます。

 

簡単な襟の黒ずみは歯ブラシで落ちる

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-57-20_No-00

ワイシャツの襟汚れですが、簡単についている黒ずみ程度でしたら、簡単に家庭にあるもので落とすことができます。

まずは台所用洗剤を用意し、汚れている部分にかけます。かけすぎないように注意をしてくださいね。色落ちしてしまう危険性があるので。

ふりかけたら、使用済みのやわらかい歯ブラシを使ってゴシゴシとこすりましょう。歯ブラシは、歯を磨くだけではなく、様々なよごれを取るのに役立つ、必須アイテムなので、覚えておくと便利かもしれません。

ここまで出来たら、洗面器に40℃程度のお湯を入れて、そこにワイシャツを入れて20分ほど置いておきます。そして洗濯をすれば、かなりスッキリ落ちていることでしょう。

 

ガンコな襟汚れはクレンジングオイルを使う

SnapCrab_NoName_2014-11-3_12-56-12_No-00

ワイシャツのよごれも放置をしておくと、かなりガンコになる場合もあります。その時は、どのようにして落とせば良いのでしょうか?

ガンコな場合には、クレンジングオイルを利用します。指につけて、この部分に直接こするようにします。このほうが全体的にオイルが届くようになるのです。

それができたら、洗面器にお湯をためて、シャツを手洗いですすぎます。クレンジングオイルと黒ずみが同時に落ちていきます。これが出来たら、今度は黄ばみを落としていきましょう。

酸素系漂白剤と重曹を100mlのお湯に混ぜて襟元に塗ります。全体的にまんべんなく塗ることで、ガンコな黄ばみもスッキリ落とせるようになるのです。

ここまで出来たら、洗濯機で洗い、最後にベビーパウダーを付けると完成です!

ワイシャツの襟汚れは、夏場になれば特に激しくなりますね。これを落とすためには、こまめな作業が必要になりますので、その技を是非覚えておいてください。

ワイシャツによる襟汚れがなくなれば、スッキリした気分で仕事やプライベートを行うことができますから、まさに必見情報ですよ!

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ