しもやけはもう辛くない!しもやけの原因と改善方法

スクリーンショット 2014-12-05 16.10.15


冬の季節になると、当たり前のように苦しめられるのが、手先や足先に発生するしもやけ。これになると、気持ちがブルーになり外に出るのが嫌になってしまうもの。

そもそも、何が原因でこんな大変な状況になっているのでしょうか?

実は、血行不良である可能性が高いのです。

 

体の血の巡りが悪いのがしもやけの原因に

SnapCrab_NoName_2014-11-3_10-24-22_No-00

しもやけの原因は、気温と皮膚表面の温度が関係していると言われています。気温が低かったり、体を濡らした状態が長く続くことによって、体温が低くなり、体の血の巡りが悪くなったときに発生すると考えられています。

手先や足先に発生するのは、心臓から一番遠い部分になりますし、血行が悪いと血のめぐりが悪くなってしまう場所だからです。血液によって、人は体温を隅々までめぐらせることができる訳です。

それが機能しなくなれば、手先や足先の末端は温度が低下してしまうので、一番しもやけになりやすい場所なのです。ただ稀なケースで、しっかりと体を温めていても、それでも症状が改善されない場合は、「静脈循環障害」という病気が原因の可能性があります。

こちらは先天性の病気であり、医師の診断を受けるのが適切でしょう。

 

しもやけを予防するには冷やさないことが大事

SnapCrab_NoName_2014-11-3_13-25-26_No-00

しもやけの原因は分かりましたが、これを活用するには、冷やさないように工夫することが大切になります。外に外出する際は、厚着をして寒くない状態にすることはもちろん、肝心の手足もしっかりと防寒するように気をつけましょう。

足にきつい靴を履かないほうが良いです。靴がぬれてしまった場合は別の靴を履くようにします。また汗をかいてしまった場合はふき取るようにします。

家の中は暖房が効いているかもしれませんが、油断は禁物です。お風呂上りは湯ざめをしないように暖かい服装をして完全防備を忘れないようにしましょう。

 

基礎代謝を良くして、しもやけを改善しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-3_13-28-47_No-00

しもやけになる原因は、冷え性に要因があります。ということは、そこを治せば自然と治るのではないか?ということで、冷え性を治す方法もついでに記載しておきます。

一番の方法は「基礎代謝を良くする」ことに尽きます。これをすることによって、どんな場面においてもかなりの意味を持つことになるでしょう。

それが一番良いとされているのが、スクワットです。足腰を鍛えることができますし、筋肉を付けることで代謝をアップできるからです。

また有酸素運動も忘れないようにしてくださいね。これは基礎代謝を上げるのに欠かすことができない素材になります。

しもやけの原因は、血行不良や冷え性、基礎代謝が悪いなど様々なことが重なって発生します。これらをひとつずつ潰していくことができれば、しもやけだけではなく、肩こりや腰痛といったものまで治すせるかもしれません。

冬の寒いシーズンに発生しがちなこの症状を、是非参考にして改善してみてください。きっと効果が出てくることでしょう。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ