母子家庭で暮らすには生活費はどれくらいが必要?

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-3-14_No-00

夫と離婚をして、子供を親権に持ちシングルマザーとして生きている人は多いです。その暮らしは決して楽なものではなく、仕事をしながらの育児と家事は本当に大変なもの。

実際に母子家庭での生活費はどの程度必要になるのでしょうか?

 

まずは月々の生活費を把握しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-4-11_No-00

母子家庭の生活費を考える時に、月々にどの程度必要になるのかを正確に把握する必要があります。生活をしていけば、どの程度が固定費で、コントロールできるものはどれくらいなのかを知ることは可能です。

それが把握できれば、自分が月にどれくらい稼げばよいのかを把握できますので、行動に移す部分をイメージしやすくなります。

 

母子家庭の手当て金はしっかり確認しよう

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-5-32_No-00

母子家庭の場合は、一般的な「児童手当」とは別に、「児童扶養手当」が支給されます。これは片親で、かつ一定の所得以下の人が受け取れるというものです。

金額については、所得に応じて変化するので一概には言えませんが、満額は約4万円になります。前年度に専業主婦だった場合や、扶養内のパートなどであれば満額受け取れます。

生活費として15万円必要である場合には、この手当てで4万円月々支給されることを知れば、残りの11万円は最低でも稼がなければならないと考えられます。ここを把握すれば、少しは生活費を考えられるので、手当てについては知っておきましょう。

 

手当て金に頼りすぎると危険!?

SnapCrab_NoName_2014-11-5_22-6-21_No-00

母子家庭での生活費は、どのような生活を送るかにより大きく変化します。また子供の年齢にもよりますので一概には言えません。

ですが、月々の出費を家計簿などできっちりと把握して、どの程度であれば生活できるのかを知ります。そして、自分が稼ぐ金額と照らし合わせて、どうするかを決めるのです。

ですから、手当てを最初から期待して、それを生活費の一部として考えることは、あまりオススメできません。そこに頼りきってしまうと、万が一の場合に生活できなくなる可能性があるからです。

母子家庭は生活が苦しい場合が多いです。手当ても国から支給されますが、それでも厳しい場合も考えられます。

そんな時に、生活費をどこまで抑えることができるのかを、しっかりと把握することで少しでも貯蓄ができる環境にもっていきたいものです。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ