葬儀の正しいマナーとやってはいけないマナー!服装・焼香・参列など

150104-0030

葬儀に出席するときには、色々と気をつけておかなければいけないマナーがあります。

あまり参加する機会も少ないので分かりにくいですが、細部に至るまで細かい作法が決められています。

全てを汁のは難しいですが、やはり最低限は知っておきたいマナーは存在します。

それはどんな場面で用いられるものなのでしょうか?

 

葬儀のマナーで一番悩むのは服装

150104-0029

葬儀に参列する場合に知っておきたいマナーとして「服装」があります。実はコレが一番難しく、気になっている人も多いのではないでしょうか?

どんな服装をすれば、故人に、そして遺族に対して失礼にならないのかを知っておくことは非常に重要です。

正しい知識を身につけて失礼にあたらないマナーを身につけましょう。

以前は遺族や親族など喪家側は、弔辞において正式礼装を着用するというのが基本とされていました。

しかし、近年では男性の場合は略礼装のブラックスーツを着るというのがほとんどです。

そして女性は、通夜に洋装の正式礼装を着用して、葬儀と告別式では和装の正式礼装に着替えるというのが一般的に用いられてきました。

ところが、こちらも近年はどちらも洋装にする場合が増えてきています。

時代に合わせてマナーは変わってきますし、厳格に守られているものではありません。

男性はブラックスーツ、女性は洋装で問題はないでしょう。ちなみに、和装でも洋装でもどちらが格が上かなどはありません。

参列者の場合は、葬儀と告別式に参加する場合には準礼装、通夜の場合は略式礼装というのが基本になっています。

 

葬儀参列前はこんなマナーに気をつけよう

150104-0031

では、今度は葬儀参列前のマナーを少し見ていきます。

まず、訃報の知らせを受けたとしても、深夜に弔問に駆けつけるというのはマナー違反になります。そのため遠慮したほうが良いでしょう。

そして、電話をかけてお悔やみを申し上げるというのは、一番やってはいけません。葬儀を控えた遺族は、深い哀しみの中にいます。そして準備などで忙しく、精神的にも肉体的にも疲弊しています。

そんな時に電話でお悔やみを申し上げるのは、非礼にあたるので絶対にしてはいけません。参列の際に直接お伝えするか、弔電を打つようにしましょう。

喪家へ長居をするというのも、やっていはいけないマナー違反です。葬儀前はなにかと忙しく、遺族も疲弊しています。

もし近親者や親しい間柄であった場合には、進んで葬儀の手伝いなどを申し入れましょう。

故人との対面を自ら申し入れるのは、配慮に欠けた行動です。遺族の方から勧められた場合に限り、謹んでお受けしましょう。

 

ご焼香にもマナーがある

150104-0032

葬儀に参列した場合、ご焼香をする場合があります。

この場合にもマナーが存在しているのですが、その宗派によって作法が大きく異なります。

ここでは一般的な方法を取上げます。

まず、ご焼香が置かれている場所に向う際は、真ん中を歩かないようにします。真ん中は故人が通る道となっているので塞がないように端を歩きます。

そしてご焼香ですが、親指、人差し指、中指の3本を使い、香をつまみます。そして額のところまで押しいただきます。

そして香炉に静かにくべます。このとき宗派によって回数は異なりますが、1回か3回に留めます。

偶数は、割り切れる数字として縁起が悪いとされています。

そのため、つまむ手も3本使いますし、香をくべる回数も奇数の1か3にします。

合掌礼拝して終了です。

このように、葬儀には様々なマナーが存在します。全てをマスターするのは大変に難しいですし、参加する機会もそこまで多くはありません。

そのため、最低限失礼にあたらない部分だけでも把握し、行動に配慮していれば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ