トイレ掃除が楽しく簡単に続けられる方法とは?

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-12-44_No-00

トイレを見れば、その人の性格が分かると言われるほど、常にキレイにしておきたい場所です。基本的に汚いイメージがある場所が、とてもきれいだと、住んでいる人の心もキレイなんだと思われるのです。

ということは、トイレ掃除はかなり重要な要素を含んでいます。

ここでは、どうすれば掃除を楽にそしてキレイな仕上がりにできるのかを見ていきます。

 

トイレ掃除は毎日することで汚れない

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-12-29_No-00

トイレの掃除でも、多くの人があまり触りたくないのが便器でしょう。一人暮らしならまだしも、同棲や家族と暮らしている場合は同居人が使用した後も掃除しなければなりません。

それを考えると、手が止まってしまう人もいるかもしれません。ですが、美しく維持させるには我慢しなければいけない時もありますから、試練だと思って立ち向かうことが重要です。

さて、普段のお手入れで気をつけたいポイントは「使った後に、気付いた時に、何度でも」です。

汚れてからガッツリするから嫌気が差すだけであり、使った後などに10秒程度で良いからサっと掃除するだけで大きな効果を実感できます。

では、具体的に清掃する手順を見ていきましょう。

 

場所によって掃除ポイントが異なる

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-14-2_No-00

まず便器の内側です。トイレ用ブラシでこすります。こびりつきを防いで、さらに輪ジミも予防できます。フチの裏側も忘れずにこするようにしましょう。

次に便座です。十分に絞った柔らかい布(またはウェットぞうきん)で、肌に触れる部分から拭いていいます。

そしてタンクや便フタです。こちらは便座で使用した同じ布で拭いていき、最後に便座の裏側を拭きます。

ここを最後にしたのは、小水が飛びやすい場所で一番汚れている可能性が高いので、最後にするのです。

 

汚れが気になった場合は専用素材でしっかりと

SnapCrab_NoName_2014-11-5_23-13-16_No-00

便器の裏側は小水がどうしても飛ぶので、一番汚れが目立ちやすくなります。洗い残しがあるとガンコな黄ばみや黒ずみになるので、そうなる前にどうにかキレイにしましょう。

まず、トイレ用中性洗剤をブラシにつけて、内側やフチ裏をこすり洗いします。フチ裏にとどきにくいブラシの場合は、靴用ブラシで傷つけないようにやさしく洗います。

そして柔らかい布に、上記と同様の中性洗剤をつけて、フチの内側を拭きます。最後に、水で濡らして十分に絞った布で洗剤成分をふき取ります。

こうした手順を行えば、トイレの清掃は比較的簡単に行えます。できれば、汚れが気になった段階でサっと掃除をしておけば、常にキレイな状態を保てます。

常にキレイにして、突然の来客時でも慌てないようにしたいものですね。

 

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ